2010年 03月 13日

民主党は「こども手当」で新固定票獲得!

「こども手当」法案が可決された。

「こども手当法案強行採決」
動画があります。↑
そのニュースが流れた時に家族で万歳をする対象家族の姿が目に浮かんだ。
こども手当を当てにしている主婦の大方が、
「日本では破格の予算だが、OECDの1/3でまだ足りない。
我々は少子化の中で大事な子供を育てている。
だから、社会が、日本が面倒を見るのは当たり前である。むしろ遅すぎたぐらいだ」
とのたまっているのである。

バラマキには当然という意識はあれども感謝するなどという気持ちはない。
日本人でさえこれだから、ただ出稼ぎに来るだけの外国人なら言わなくてもわかるだろう。

携帯電話の契約を新たにする時に、何をポイントに決めるだろうか?
自分も含めて、今はまず料金の安さを考えるだろう。
今各携帯電話会社が学割サービスで競っている。
「こちらは三年間基本料金無料にします、あちらは○年です。」
その他キャッシュバックやらなにやら、お客様にとってのお得なサービスで競っている。
民主党へ投票した人の殆どの理由が自分たちにとってお得なサービスが入っていたからだ。
日本の行く末、経済状況(不況)なんてどこ吹く風なんだから、
増してやこの党がどれほど反日か日の丸を与党になるまで掲揚していないとかなんて
どうでもいいことなんである。ただ、目先のサービスに目を奪われただけなのだ。


今までだって福祉サービス制度はあったが、所得制限始めいろんな制限があった。
本当に子育てに必要なお金が足りない家庭に支給をするのはそれこそ当然のことであって、
これで文句を言う人達がいてはならないとは思っている。
だから、所得制限は絶対に必要だと思うのだが。

民主党がなぜ所得制限なしにこだわったか。

支給を受ける人達が、(今までの)特殊な人達だと見られたくない、皆にばら撒いてもらえれば堂々と「あの人は所得が○○以下だと思われなくて済む」
という安心感からだからではないのか。
余裕がある家庭なら、余分な収入はいくらあってもいいのだから、大歓迎じゃないだろうか。
この点で、民主党は成功したのである。
選挙運動の時では、「財源がない、無理だ」の声があった。自民党も同じように「何とか手当」むろん反対議員の方が多かったが、で対抗しようとしたが、どれほど議論しても最後は「財源がない」に行き着き、諦めたそうです。当たり前だと思う。

この不況で大学生の就職率が過去最低になっている。高校もそうである。
なのに、新しい基礎支持票(子育て中の主婦層、その祖父母家庭)を得るには餌を与え続けなくてはならない。支給されるには民主党に投票し続けるわけだから。

財源を得る為に派手な事業訳をした、公共事業を減らした、学校の耐震工事予算も減らした。
更に事業仕分けするそうである。そして国の借金もこれからどんどん増えて行くであろう。

すべてが、所得制限なしの、
困った人以上にお金があり余る、
または余裕が出来た人たちの子育て以外の目的で使われるお金の為に。
外国で暮らしている子供達の、
いやそれでひと儲けをたくらんでいるブローカーの為に。


ばら撒きの恩恵を受けない人たちも、これからの選挙では、
別のサービスを提示してくれる政治家だけに投票をするようになるだろう。
「誰々さんがもらっているのに自分ももらわなければ損だ。」
自分には恩恵がなくても、「お互いさま」と思える税金の使い方をしないのでは、
誰しもこのような気持ちになっていくことだろう。

どの党も携帯電話会社よろしくサービス合戦をしていたら(スーパーマーケットもそう)
共倒れしてしまう。
国力が弱まる→海外に逃げられる立場の人は日本を脱出することだろう。

今「坂の上の雲」5を読んでいるところだが、
今はロシアで社会主義者による革命が起きる場面のところ。
皇帝政府の腐敗や無能に労働者や知識人が立ち上がるのであるが、
(革命成功の後恐怖の共産主義国になると言うのが何とも皮肉)。
今、日本人は、史上最低の無能政府に対して一部の人達を除いては立ち上がらない。
立ち上がらないどころか、共産主義を目指している民主党の支持率がまだ30%あり、
不支持の理由が小沢と鳩山の問題だけなら、実際に基礎票である主婦の支持は
こども手当を選挙の前に支給で得たので、
参議院選挙でも民主党は勝つのではないだろうか。

趣味や食べ歩きにのみ没頭して、選挙の時だけテレビから情報を得る人が大半なのだから、
この予想は外れて欲しいが当たるだろう。
買収だけの政策で国の重要な問題を扱わねばならない国会議員を決める、
これが今の日本の民度、国民の民度だからいずれは滅亡することだろう。

実際子育ては大変で支援されるとありがたい人も少なくないのだから、
せめて所得制限、国籍条項はつけて欲しいと願っているのだが。

何が何でも参議院選挙で過半数を獲得し、独裁政権をつくり、
いずれ中国や朝鮮に日本を売り渡したい
民主党+共産党+社民党では無理であろう。


それでも、賢明な人達が一人でも気づいてくれて、
日本の滅亡を防いでくれることを願うのみである。

(2012年の12月21日頃に地球が危ないなんて話があります。
もう、ここまで国がおかしくなっていると終わってしまってもいいかなんて
思ったりもします。)
当たるかも。

覚悟はいいですか?
[PR]

by kkagayaki | 2010-03-13 13:56 | 政治に関する独り言


<< 天下の愚策「子ども手当」年金積...      朝鮮学校無償化、朝鮮総連が各校... >>