猫多摩散歩日記

kkagayaki.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 10日

原口総務相「報道規制」考

a0078986_1248450.jpg

原口総務相「報道規制」考
博士の独り言より
素朴な疑問
 この記述(ツイッター)の存在を読者から教えていただいた時は、本当に、これが時の総務相(原口一博氏)のものなのか、と一瞬思った。いわば、「まさか」と思ったのである。なぜなら、公人の最たる存在であるはずの「時の閣僚」としての「発想」にしては、あまりにも稚末に過ぎはしないか。

 報道が極めて少ない中、しかし、一部の、通信社などによる配信をたどれば、現下の、宮崎県の畜産農家の口蹄(こうてい)疫被害は拡大の一途をたどっている。広がる惨状は、すでにこれまでで最大規模と指摘されている。その様子が、なおも加速的に増大しつつある具体的な数値を通じてありありと窺(うかが)える。最初の症例が確認されてから1カ月を経過しているにも関わらず、対策を尽くすべきこの期間にあっても、時の首相には生体反応が観られず、管轄の農水相にいたっては“外遊”の名目で消息不明に等しい状況にあった。

 民主党政府は何をしているのか。農水省が、ようやくこの10日に宮崎県を訪問する、とはいえ、それも「後手」ではないか、との不審、疑問を国民が抱いたとしても、決して不自然なことではない。おそらく、どなたかが、それを原口氏に問うたのであろう。その反応と拝察できるのが上記の記述である。

「風評被害」を“理由”に  
原口氏は、「ありがとうございます。後手ではありません。発生後、すぐ私は指示をしています。風評被害が大きくなれば、さらに大きな被害となります。畜産と言う産業の性質上の問題もご考慮ください」と述べておられる。いかがなものだろうか。いわば、風評被害の拡大を懸念するゆえに、(口蹄疫の)「発生後、すぐ私は(報道の自制を)指示をしています」。すなわち、報道規制を敷いている、と解釈でき得る記述である。

 原口のこの「指示をしています」との記述が事実であり、それが、本当に、「風評被害」の拡大を懸念してのものであるとすれば、火に油を注ぐに等しく、国難を加速させているにも等しい。なぜならば、むしろ、正確な情報を広く報道する。それが「風評被害」拡大への歯止め、防止に通ずるからだ。

 たとえば、口蹄疫に関わる「風評被害」が考えられるとすれば、人への感染の懸念が先ず挙げられるのかもしれない。だが、家畜への感染被害拡大の実情と併せて、人への感染の可能性はない、とする専門家の指摘をくまなく報道すれば、むしろ、事実の周知と誤解の解消に通ずるはずである。いわば、原口氏の記述は、本来、閣僚にあるべき言動の「正逆」にあり、幼末さを指摘させていただく事由もこの点にある。

自己都合の「中国共産党」と同軌

 あえて、指摘させていただければ、上記の記述もまた、宮崎県の深刻な被害拡大に対する民主党政府の無策・無能を隠蔽に資するものであろうことは推察に難くない。大々的に報道されれば、むしろ、政府は何ら有効策を講じていないことそれ自体が露呈する。ゆえに、「風評被害」の拡大懸念を無理な“理由”にする、と認識すれば、事の次第が判りやすくなる。

 そのメンタリティは、“国民”のため、と謂うよりも自党の勢力維持・拡大に躍起になる。そのために、自党に不都合な事柄、情報は隠蔽に資する「中国共産党」の手法とよく似ている。いわば、一国の政府と謂うよりは、その本質は、「政府」の名と権威、と権力を借りた謀略組織に過ぎない、と認識して差し支えない。そのメンタリティは日本人のものではない。


風評被害を防ぐためと言うのなら、解禁はいつになるのだろうか。
収束するまで何カ月も?
テレビだけから情報を得ている人にとってはは、何も知らないまま、
そして何事もなかったこととして終わってしまう。
こんな恐ろしいことがあっていいはずがない。
大体、産経や東京新聞は報道している。規制と言うのはテレビだけなのか?
このインターネットが普及している現代においては無理なことではないのだろうか。
報道規制より隠蔽と言った方がよい。。
過去の災害や鳥インフルなどの時の、マスコミは執拗に当時の担当大臣らに
記者会見を促し、批判していたではなかったか?赤松大臣も臨時農相の
福島瑞穂も何もしていない。本日11時から宮崎県庁前で農業関係者のデモが
あると言う。これも当然報道はなしであろう。

自民の要請には
風評被害対策として風評被害が発生しないよう、
マスコミには正確な情報を提供することとあります。
報道規制掛けろとは言っていません。

まともな政府なら
①政府がこまめに記者会見開き、それに基づく正確な情報をマスコミが流す。
②法令に従って動く官僚では消毒薬の供給不足解消や国有地のへの埋設などは進まない。
政治家が決断し官僚を動かす。

政治家には強いリーダーシップが求められるのである。
民主党政府には危機管理意識が欠け過ぎ、無策である。

[PR]

by kkagayaki | 2010-05-10 12:48 | テレビなどが伝えない出来事


<< 菜の花畑があったんだ!       口蹄疫 現在までのまとめ >>