2010年 05月 14日

民主 独裁政権へ 「国会法改正案」14日提出

【国会/政治主導】
民主党、
官僚答弁を禁止する
国会法などの改正案を提出へ

民主党、社民党、国民新党の与党3党は、
13日、衆議院本会議で、政治主導を確立するための
内閣法などの改正案の審議に入るのにあわせて、
14日にも、官僚の国会での 答弁禁止を柱とした国会法などの改正案を
提出することになりました。

13日の衆議院本会議では、政治主導を確立するため、
今の国家戦略室を「局」に 格上げするとともに官房副長官を
増員することなどを盛り込んだ、内閣法などの 改正案について、審議に入ります。
これにあわせて、民主党、社民党、国民新党の与党3党は、
官僚の国会での答弁禁止や、副大臣や政務官の増員などを盛り込んだ、
国会法などの改正案を、 議員立法で、14日にも衆議院に提出することになりました。
これに対して、 自民党・公明党・共産党・みんなの党の野党4党は、
「鳩山総理大臣や民主党の小沢幹事長の 政治とカネをめぐる事件で、
与党側が関係者の国会招致に応じるのが先決だ」などとして反発し、
国会法の改正案の審議には応じられないとしています。

また、自民党などは、12日、衆議院内閣委員会で、
国家公務員の幹部職員の抜てきや降格人事が 行えるようにすることなどを盛り込んだ、
国家公務員法などの改正案が、野党側が抗議する中、 採決されたのは、
「与党による強引な委員会運営だ」として、
13日、田中慶秋委員長の 解任決議案を提出することにしており、
与野党の攻防が激しくなりそうです。
NHK

官僚が居ないと何も出来ない無能集団が何言ってんだ
憲法解釈を政治家(小沢)が独断で出来るようになる改正案
無能揃いのくせに、何が政治主導だ


内閣法制局の答弁を禁止して
法改正せずに、大臣が解釈を変えていく
【小沢独裁】民主、法の番人を国会から締め出し【全権委任法目前】

①国会で答弁をする政府特別補佐人から内閣法制局長官を除く
  → 「余計な解釈をするやつは国会に出てくるな」
②副大臣、政務官の定数を増やす
  → 「脱官僚と見せかけつつ、内閣の方針に従う人間を増やす」
③政府参考人制度の廃止 ④行政機関の職員や学識経験者らからの意見聴取会の開催
  → 「支持母体の意見を重視する」 ※支持母体:日教組、自治労、民団 etc...

つまり、法の番人を国会から締め出し、
ド素人ばかりの民主党議員のポストは増やすが、
その道のスペシャリストである官僚答弁は無くし、
本来なら違憲なものも「合憲である」と勝手に決めて
やりたい放題にすることができるという恐ろしい法案です

これが通ると、外国人参政権はもちろん、人権侵害救済法案、
夫婦別姓等の闇法案、さらにはネット規制法案、天皇陛下の
国事行為についての憲法解釈等、・・・何でもおもいのままです

例えば、外国人参政権について

●before
与党「外国人に参政権を与える法案を提出します」
野党「これ憲法に違反していない? 憲法解釈の専門家連れてきて」
内閣法制局長官「最高裁での判決は、
参政権を国民(日本国籍者)以外に与えるのは違憲であると判断されています」

●after
与党「外国人に参政権を与える法案を提出します」
野党「これ憲法に違反していない? 憲法解釈の専門家連れてきて」
小沢「合憲だよ合憲」 鳩山「合憲ですね、最高裁(の傍論)でも認められています」 
枝野「ゴウケンデス」

その他、専門家である官僚答弁が禁止されることで
ありとあらゆる物事に対して「専門家である官僚の解釈」が失われ、
「素人に毛の生えた閣僚の解釈」が国政を左右することになります

http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1273752602/



国家公務員法改正の強行採決もひどかったが、14日提出され、
審議される法務委員会も凄いことになりそうです。
もはやクーデターしかないのだろうか?
国民は全く能天気だし。日本が急速度で中国化していく。
恐ろしいです。野党何とか頑張ってくれ!
[PR]

by kkagayaki | 2010-05-14 00:20 | テレビなどが伝えない出来事


<< 民主党政権になって続発する神社...      「日本はおしまいだ」佐藤紅禄 ... >>