猫多摩散歩日記

kkagayaki.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 08日

これぞ「おわら風の盆真髄」➁

yakuとデジカメさんより転載

これぞ「おわら風の盆真髄」②


と、書きたいのですが、前作と違って、この日は心無き・感性も無き
カメラマンとしてのエチケットの欠片も無き2名の男が、闖入!

地元の皆さんは大人しいので余り言いませんが、
恐らく他のカメラマン・踊り手・地方の皆さんは腸が煮えくり返る
思い出いたことでしょう。
かく言うyakuはその一人の側で「おわらの観かた・撮り方を勉強しろ!」
で、一人は退散しましたが、6~70歳代の白髪の方は無視。
特にデジイチを持つと何故か「特権意識」を持つ方も多く、
「俺はカメラマンだ!」「暗いからフラッシュだ!文句あるか?」の態度

この「おわら」に来るとカメラマンの我侭な生態がまざまざと
規制内へ平気で立ち入ったり・行列の前で行方を塞いだり。

お陰でビデオを撮っていた仲間は、反対側から何回もまともに光を
浴びせられて、殆どこま切れの映像で使い物にもならないらしいです。

暗くて雰囲気が最高なのを、明るく撮ってなんぼのもんや!
そんな感性の写真家?に素晴しい写真が撮れる訳がないでしょう
最後には「お気の毒に」と嫌味の一つも言いたくなりました。

しかし、振り返ると、自分でも知らず知らずにどこかで同じ過ちをしてるかも?
お互いに、写真を撮るブロガーとして充分に心しよう!


この記事は出さない積りでしたが、
あえてアップすることで、カメラを持つと特権意識で突っ走る
カメラマンに読んでもらいたい・知らずに同じ事をしているかもしれないブロ友さんにも、
と思いアップ
生意気な事を書きましたが、50年以上のカメラで遊んできた者としての提案です、
ドウゾご容赦を。

追記:   この動画で今 you tube を確認しましたらお陰様で
再生回数が 60,000回を超えました!
アリガトウございました、これからもドウゾ宜しく

------------------------------------------------------------------------------------------------
デジカメが一般に出回り、更にデジ一も誰でも(お金さえあれば)持てる時代になりました。
デジカメぐらいなら「自分は単なる趣味」での気持ちで撮る人が多いとは思いますが、
一眼の重装備で被写体に向けて構える姿は
何となく「いかにも」って感じが見え見えですし、私なんかは持ってないからわかりませんが
気恥しい気持ちがするのじゃないかと思ってしまいます。

アマチュアなのにいろいろと勘違いしている人たち多いですね。
あるブログで救急車の写真を撮り、仲間が「いい場面、ナイスショットですね」なんてコメントしているのを
見て、
交通事故で瀕死の身を救急車で運ばれた経験を持つ私にしてみれば
腕章をつけたプロのカメラマンでも行き過ぎた取材で批判される昨今、
ただの素人がブログやコンテストに出す目的だけで、他人の不幸も撮ってしまうことに
怒りを感じます。

誰でもカメラマンの時代、これからもこんなことが繰り返されて行くのでしょう。
自衛方法はただ一つ、不幸の被写体にならないように気をつけること。
それでも、事件や事故に遇った場合は、痛みと共にこのようなハイエナの被写体
になるのだと言うことを知っていなければならない。
自分や家族の不幸は他人には蜜の味なのだから。

自分さえよければ他人の迷惑も不幸も顧みない、
しかも人生を長く生きている高齢者に
多いと言うのも情けないことです。

自分も趣味の写真を撮る一人として気をつけたいものです。
ブログが普及して誰しも記者になったつもりで(いい場合もあるが)ネタ探しに余念が
ない。ないところに事件があれば目の前で血を流していようが、殺されていようが
カメラを向ける時代なのです。

私だけでも最低限のマナーは心がけていきたいと
このブログを見て肝に銘じました。
[PR]

by kkagayaki | 2010-09-08 11:03 | その他


<< 在特会さらに5人逮捕、幹部も再...      「おわら風の盆」真髄!  >>