2010年 09月 22日

ハイレベル対話の拒否示唆 中国、厳しく日本批判

ハイレベル対話の拒否示唆 中国、厳しく日本批判
2010年9月22日 22:41 カテゴリー:アジア・世界

 【北京共同=加藤靖志】中国外務省の姜瑜副報道局長は22日、仙谷由人官房長官が中国漁船衝突事件の事態打開に向け日中のハイレベル対話を呼び掛けたことに対し「日本が直ちに誤りを正し、無条件で船長を釈放しなければ、両国関係がさらに損なわれることは避けられない」との談話を出し、現時点での対話を拒否する考えを強く示唆した。 

温家宝首相が21日、滞在先のニューヨークでの会合で中国人船長の「即時、無条件」釈放を求める強硬姿勢を示したのを受け、姜副局長も「(日本側の)世間と国際世論をもてあそんでだます手口に活路はない」
と、これまでになく厳しい調子で日本を批判した。

 中国は22日、伝統的祝日の中秋節を迎え3連休がスタート。中秋節は一家が集まり月をめでる祝日で、中国メディアは漁船衝突事件で逮捕された中国人船長の家族の声を伝えるなどし民族感情を刺激。対日批判も続いており、ネット上では大規模な抗議活動を呼び掛ける動きも出ている。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/199092
------------------------------------------------------------------------------------------------
この国は経済大国だそうだが、精神的には北朝鮮と変わらない、やくざ国家なのである。
拉致問題でもわかるとおり、大人の話し合いなどできるわけがないではないか?
>世間と国際世論をもてあそんでだます手口に活路はない
笑ってる場合ではないが、この言葉そっくりそのままお返ししましょう!
北朝鮮ソックリの恫喝である。
こんな国と今後も付き合うのは?議員にしてみればキックバックか?
経済もやくざ国家以外の親日国家は他にいくらでもあるのだから、
この辺でこんな国に依存するのはもうやめてもらいたい。

なのに、この時期経済特区を申請しているのが九州だ!

「九州アジア観光戦略特区」
博士の独り言さんより

【観光推進機構九州 入国規制緩和。特区申請へ】  
【読者便り】 このニュースを見るにつけ、なんともやり切れない気持ちになります。ビザなしで中国人が九州に入国出来るようになるそうです。九州財界人の感覚を疑います。読者から頂戴したメッセージより/写真は西日本新聞(Web) 9月17日付記事より参照のため引用


お知らせいただき、感謝

 表題にクリップさせていただく記事(西日本新聞)につき、読者のみなさまからお知らせいただき感謝する。記事には、「九州7県や九州経済界でつくる九州観光推進機構(会長・石原進JR九州会長)が、国が2011年度創設を目指す総合特区制度に、九州全域で外国人観光客の入国規制を緩和することを柱とする「九州アジア観光戦略特区」を申請することが16日、分かった」と記されている。

 「国が」とあるが、どこぞの国籍不明の政府を指す。先ず、その政府が2011年(明年)に、この日本に「特区制度」を設けようとしている。そもそもがこの日本に親和性を持たない“発想”であり、いわば、商業経済圏を表看板にしながらも、しかし、特亜の側からすれば、“経済圏”の創設を理由づけとして、大量の自国民流入と、それによる人口侵略を許すことが真の主目的とするものであろうことは、現政権の針路、メンタリティを察すれば推察も容易である。国民を欺く「朝鮮人民主党」の党技と謂うべきか、その中でも途轍もない闇法案の1つと指摘できる。

 この「全国特区制度」を背景として、「九州観光推進機構」が、「九州アジア観光戦略特区」を申請することが、今般判った、と伝えているのが表題の記事である。いわば、どこぞの政府の闇法案に応えるかのように、九州の民意を広く問うことなく、特定の組織が織りなす闇事案であることが指摘できる。このまま暴走を許してしまうようなことあれば、それこそ情けない事例になろう。

-----------------------------------------------------------------------------------------------
目の前の利益に目が眩み、観光を推進するために中国人の入国規制を緩和するそうだ。
留学であれ、観光であれ、入国=人口侵略なのだ。中国は普通の国ではない。
反日国家で北朝鮮と同じ国家なのだと言うことを忘れてしまっている経済人が多いのは
困ったものだ。

士>農>工>商  なるほどねぇ!
[PR]

by kkagayaki | 2010-09-22 23:28 | ニュース速報


<< 猫の園長 青梅鉄道公園      【尖閣問題】 中国・温首相 「... >>