2010年 10月 07日

国会衆院代表質問 本物の国思う政治家稲田朋美議員

国を思う、本物の国会議員であります。
昨日は自民党 稲田朋美議員の衆院代表質問の中継を
残念ながら見ることが出来ませんでした。
以下に二つの意見がありますので転載致しました。
まずは↓
敬天愛人さんのブログ 

稲田朋美さんの代表質問があまりに素晴らしかったので・・・

御来訪感謝申し上げます。
 今日の朝刊のテレビ番組欄を見たら、NHK国会中継“衆院代表質問”質問者:自民党谷垣禎一・稲田朋美とありました。思わず「オオッ!」とうなってしまい、午後1時から始まったテレビ中継とネット中継を万難を排して(!?)視る事にしました。
 メインは当然、稲田朋美女史です。谷垣総裁の時間は適当に流しました。
 案の定、谷垣氏が質問をしている間は、菅首相はニヤニヤしながら質問が書かれた書類を見たりして、まさに適当に受け流すかのような態度で聞いていました。他の閣僚も同様で、半分小ばかにしたような顔でした。 そんないつもの馴れ合い的な空気が一変したのは、谷垣氏の質問と菅総理の答弁が終わって、堂々と壇上に上がった稲田女史が質問を始めた時です。

 稲田氏が「国家観、国益、領土の安全保障、国民を守る、等々といった基本概念すらない民主党は党の綱領も持たない寄せ集めの集団です。・・・・」を皮切りに次から次へと民主政権へ機銃掃射のような批判論を展開し始めると、画面に映し出された菅総理はじめ各閣僚の面々の顔が青ざめて見え、皆一様に先に上程されている質問内容が書かれた書面を必死にチェックしています。 画面に見入っていた不肖敬天愛人は、稲田氏の舌鋒鋭い指摘に拍手喝采を送りながらも、腹を抱えて菅総理たちの表情を見つめてしまいました。
 これほど素晴らしい代表質問をこの眼で見たのは初めてでしょう。民主党政府が抱える矛盾、また菅内閣の政策の矛盾をこれでもかこれでもかと余すことなく突いてきます。

 稲田氏の質問をしている時の表情と弁舌には、国家・国益を守るためには一切の妥協を許さない確固とした政治信条に裏づけされた神々しいまでのオーラが満ち満ちていました。これを毅然とした姿というのです。
 今回、敬天が感心したのは、我々保守派が日頃からネット上で取り上げて指摘している、民主政権の政策に対する疑念、問題点、矛盾点などなど余すことなく代弁してくれたことでした

 例えば、尖閣問題はもとより、マニフェスト違反、外国人参政権、8月15日の全閣僚靖国不参拝、国会議員でありながら韓国にのこのこ出かけて反日デモに率先して参加するような岡崎トミ子を何ゆえ警察などの治安を預かる立場の長である国家公安委員長に指名したのか?等々、保守派がぶつけたいことを過不足なく追求してくれました。
 案の定、菅総理は総花的な一般論的答弁に終始するという、逃げの一手の答弁で誤魔化していましたが、イラ菅の異名をとる菅総理らしく、頭に血が上ったためか事実誤認も甚だしい答弁をしてしまいました。
 それは「外国人参政権は憲法違反ではないのか?」という質問に対して、有名な最高裁の判決の傍論を本論として語ってしまったのです。 これで良いのです。菅総理は稲田氏の質問の鋭さと攻撃的な物言いにかなりぶち切れたらしく、答弁の最初から「私も野党時代には厳しいものの言い方をしましたが、汚い言葉は使わなかった・・」と自らの野党時代の言動を棚に上げて反論したつもりになったくらい、冷静さを失っていたようです。

 稲田氏も指摘したように「政治とは結果」です。結果を出すためには馴れ合いや安易な妥協は不要のものなのです。
 野党が与党を追い詰める、政策論争を仕掛けるには、相手を怒らせることが立派な戦術なのです。それには戦術の根となる戦略がなくてはなりません。 今回の場合の戦略とは、反日左翼系与党民主党と保守系野党自民党の決定的な差異を際立たせる事であります。国会論戦の場は、その両者の立場の違いを有権者である国民に強くアピールして、国民の支持を得る判断材料にしてもらう事が重要なのです。
 それが議会制民主主義であり、国民主権の所以とするところであると考えます。
 今日の稲田朋美先生の代表質問は、今までの自民党には無かった「国に責任を持つ政党の議員としての覚悟」を強く感じさせるものでした。

 まだ2年生議員の稲田氏でありますが、今日の代表質問に彼女を抜擢した自民党の戦略とGJには拍手を送りたいと存じます。NHKも代表質問は編集もカットもできないのです。また、中継から逃げる事もできないのです。 だからこそ、今日の国会中継は大きな意義があったのです。
 中継終了後、どうしても居ても立ってもいられなくなり、自民党本部と議員会館の稲田氏の事務所に電話をしましたが、自民党本部はつながって、電話を受けた担当職員も稲田氏が代表質問に立てたことがよっぽど嬉しかったようで、お互いに稲田氏の快挙を喜びあうような電話ばなしになってしまいました。稲田氏の事務所は何度電話してもつながらず、やむを得ず本拠地福井の事務所に電話したら秘書の女性が出て「たくさんの励ましのお電話をいただいて、東京の事務所に報告したくて何度も電話しているのですが一向につながらないのです」とありがたい悲鳴をあげていました。全国から稲田事務所に激励や応援の電話が殺到したのでしょう。
 まだ50歳を過ぎたばかりの女ざかり(??)の、これからを嘱望された女性議員です。
 今後のますますの御活躍と御発展を心より祈念申し上げます。
 自民党は稲田氏のような保守としての確固とした信念と信条を持った政治家を、大きく涵養して行くことが最優先なのです。 ネット中継の方を視ていて、最も印象に残ったことがあります。それは、。稲田氏が質問を終えて壇上から退出する姿を、呆然とした表情で見送っていた衆院議長横路孝弘氏の顔でした。彼の顔には「参った!」と観念した心情がはっきりと見て取れました。
 まだまだ、日本を諦められませんね。これからも気を緩めず、政局を注視していきたいと思います。
 今日は久しぶりに良い一日でした。


一方反日テレビ朝日は

反日勢力を斬る2 ←から
汚い言葉だと

テレ朝の「やじうまプラス」が今月から「やじうまテレビ」になって内容を一新した。
その多くが反日だったコメンテーター達が姿を消し、政治色が消えて、若手のスタッフが増えてますます番組は幼児化した。
吉澤一彦アナは一番の年寄りになり、朝日新聞の申し子としての発言が増えてきた。

テレ朝「やじうまテレビ」(2010/10/7)
挑発野党に怒り
代表質問で"応戦"

東京新聞(同上)
自民挑発「イラ菅」爆発

稲田朋美議員
「菅内閣が腰抜け、ぶれたという國民の批判を恐れ検察に政治責任と説明責任を押し付ける卑怯者内閣であること・・・そんな甘い認識だから『友愛の海』などと寝とぼけたことを言っている」

吉澤一彦アナ
「稲田氏がかなり厳しい言葉を言って(中略)何か菅さん、乗ってしまったなという感じですね」

上田泉貴(共同通信国際局次長)
「なんか子供の喧嘩みたいですね。もうちょっと建設的なやりとりを首相の方からしてもらわないと困りますよね。自民党は野党ですし、言ってる事は国民が感じていることですから。それに子供と同じように応えてどうするんだという気がしますね」

吉澤
「そうですねえ、しかし、依田さん、稲田議員もあそこまで厳しい言葉で、汚い言葉使わなくてもいいかなと思いますよねえ」

と依田MCに振る。

依田司(MC)
「管さんの切れやすい性格を分かっていて、ああいうこと言うんでしょうね」

吉澤
「まあ、挑発はしてるんでしようけども、でも、あの挑発の仕方ってもうちょっと何か政策論争という形で、やっぱり上田さん、ちゃんとした形で、それこそイライラしたり、怒ったりという方が国会自体盛り上がるわけですから。ねえ。なんか言葉自体でというのはちょっとなんか情けない気がしますけども」

民主党の財源問題、外国人参政権問題、教育問題、農業問題などなど、ちゃんと政策論争を仕掛けているではないか。
「ちゃんとした形でイライラしたり、怒ったり」とはどういうことか。
「言葉自体でというのは情け無い」というが政治家は言葉で勝負するのである。

問いかけられた上田氏はニヤニヤして答えなかったので、吉澤アナは次の話題に移っていった。

事の本質は「汚い言葉」ではなく、稲田議員が痛烈に指摘した民主党の体質、菅政権の問題にある。その意味で、菅総理の答弁は完全に逃げの体制であった。

汚い言葉と批判して論点をずらそうとした菅総理と、それに乗ったテレ朝は同じ穴の狢である。
------------------------------------------------------------------------------------------------


http://www.youtube.com/watch?v=z8TmpvS1FgA
http://www.youtube.com/watch?v=dhCDFJkDv0o
http://www.youtube.com/watch?v=rHymrLatXco
http://www.youtube.com/watch?v=-_STcQYCpZk
拍手!彼女を自民党総裁にしたら自民党に一票入れる。
[PR]

by kkagayaki | 2010-10-07 14:17 | テレビなどが伝えない出来事


<< テレビが報道しない稲田議員の代...      【街宣】10.9 中国の尖閣諸... >>