2010年 10月 09日

中国の圧力に屈しない国、配慮と言う圧力に屈する国

ノルウェーは、シナの圧力に屈しなかった。
ノーベル平和賞に劉暁波氏 投獄中の中国民主活動家
産経新聞 10月8日(金)18時6分配信

 【ロンドン=木村正人】ノルウェーのノーベル賞委員会は8日、中国共産党の一党独裁体制の廃止などを求めた「08憲章」の起草者で、中国で服役中の民主活動家、劉暁波(りゅう・ぎょうは)氏(54)に2010年のノーベル平和賞を授与すると発表した。中国の民主活動家の受賞は初めてで、中国政府が激しく反発するのは必至だ。

 劉氏は吉林省出身で、北京師範大や米ハワイ大などで中国現代文学などを講義。1989年の天安門事件の際には、米国から帰国して天安門広場でハンストを実施し、逮捕された。 天安門事件後、民主化運動の指導者や知識人の多くが海外に脱出する中、91年の出獄後も国内で民主化を求める論文を書き続けた。2008年、共産党の一党独裁体制の廃止や民主選挙の実施とともに、言論、宗教、集会、結社の自由などを求めた「08憲章」を、中国の学者ら303人の署名を添えてインターネット上に発表。劉氏はその直前に拘束された。10年2月、国家政権転覆扇動罪で懲役11年、政治的権利剥奪(はくだつ)2年の判決が確定。現在、遼寧省錦州市の刑務所で服役している。
 ノルウェーのノーベル賞委員会によると、中国の外務省高官が今年6月、「(劉氏に平和賞を)授与すれば、ノルウェーと中国の関係は悪化するだろう」と同委に圧力をかけていた。

 劉氏のノーベル平和賞受賞を契機に、国際社会から中国の民主・人権状況に対して非難の声が高まる可能性がある。1989年にチベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世がノーベル平和賞を受賞した際、中国政府は激しく反発した。2000年には、フランスに亡命した作家、高行健氏が華人として初めてノーベル文学賞を受賞している。
------------------------------------------------------------------------------------------------

日本は、国民の知る権利(野党時代の民主党は随分煩かったはずだが)を無視し、
中国様に配慮し、ビデオの非公開を決めた。↓

尖閣ビデオは非公開、「日中」再悪化を懸念
読売新聞 10月8日(金)5時14分配信

 政府・与党は7日、沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件の様子を海上保安庁が撮影したビデオについて、公開に応じない方針を固めた。

 公開すれば日中両国で相互批判が再燃し、4日の日中首脳会談を機に改善の兆しが出てきた日中関係が再び悪化しかねないとの判断からだ。 国会がビデオ提出を求める議決をした場合などは、予算委員会など関連委員会の「秘密会」への提出とし、限定的な開示にとどめたい考えだ。

 衆院予算委員会は7日開いた理事懇談会に法務省の小川敏夫法務副大臣らを呼び、ビデオの扱いについて協議した。法務省側は「中国人船長を起訴するか否かの結論が出ていない段階で、捜査資料を出したケースは今までない」と説明し、現時点での国会提出に難色を示した。与党側も慎重な姿勢を示した。
------------------------------------------------------------------------------------------------
何たる違いであろう。
この一点だけ見ても、日本と言う国は既にシナに屈した、シナの属国になっていると
言っても過言ではない。

大好きなAXNミステリーだが、毎週金曜日8時からノルウェーの刑事ものが放映されていた。
何話目かで外国人移民問題を扱っていたので、国内の単なる殺人事件がストーリーが主なのに、この問題がかなり根深いのではないかと思わせられたものだ。

何故か8時からのゴールデン・アワーからは早々と姿を消し、誰も見ないような深夜帯で
続いているのか、完全に終わったのか。以前から言っていることだが、このひかりテレビは
特亜の外国人勢力が牛耳っているらしいので、もしかしたら、何らかの配慮があったのでは
ないかと疑ってしまう。いや、考えすぎではない。日本の移民問題=朝鮮、シナ人だから。

さて、ビデオが何故公開されないか?以下に目を通してもらいたい。
日本救済プロジェクト

先日の『河内国民文化研究会』の集会で、西村慎悟前衆議院議員から話がありました。
チャイナの漁船は、かなり以前から200隻以上来ていて、領海侵犯・違法操業と続けていた。
しかし、海上保安庁は黙認していた。
今回、海保が『領海だから出て行きなさい』とマイクで言うと、チャイナの漁船は日本語で『ここはチャイナの領海だ』と言い返してきた。出て行かないので、海保が臨検の為にチャイナ漁船に乗り移ると、あろうことか、屈強な船員が海保保安官をロープでぐるぐる巻きにして、海に投げ込んだ。それに対して、船長・船員を逮捕・拘束したということです。 これは、領海侵犯や違法操業という問題ではありません。れっきとした殺人未遂事件です。 西村氏の耳に入っているということは、海保の本部にも連絡が行っているはずで、その事実を握りつぶしたのです。

かなりの訓練を積んだ海保が、船員に簡単にぐるぐる巻きにされるでしょうか。 西村氏曰く、これは間違いなく退役軍人であり、チャイナのお家芸である便衣兵である、ということです。私もそう思います。
チャイナの軍隊は大規模なリストラをやっていて、千万単位の退役軍人が失業状態にあるそうです。
それも、民主党代表選のさなかにこの事件は起きた。
これは、チャイナにしくまれた罠だったのです。

実は、この事件の二日前の日曜討論で小沢一郎は『尖閣列島は日本固有の領土だ。それは尖閣列島は琉球の領土だったからだ』と言ったといいます。
すなわち、小沢はこの事件が起こることを予め知っていたのです。そして、チャイナと作り上げた出来レースに菅をはめたのです。

小沢は、形勢不利と見るや、のちに菅を追い落とすための材料をつくった。
ですから、小沢派は『これで次は勝てる!』と叫んだのです。
では、小沢が勝ったらどうなるか。
次こそ、チャイナの思う壺。
尖閣、沖縄、そして日本本土と、浸食されてしまうでしょう。

尖閣周辺の海底にはイラク並みの海底資源が眠っていると言われています。
チャイナは、それを知って、沖縄県民に『この資源を共同開発しよう。これで十分自立できますよ』と誘いを掛けているのです。そして目指しているのは『琉球人民共和国』の独立です。
そのためには、米軍が邪魔です。これからマスコミを通じて、大規模な米軍基地反対キャンペーンが貼られることでしょう。

小沢が代表になったらなおさらです。 米軍の居ない琉球人民共和国になったら、どうなるか。
チャイナは一気に攻め込み、琉球人自治州にしてしまうでしょう。

当然、チャイナに支配された他民族がどんなひどい眼に逢うかは以前紹介した通りです。
こんな情報はインターネットや集会に行かねば知る事は出来ません。
二度と間違った選択をしないために、みんなで努力しましょう。

------------------------------------------------------------------------------------------------

非公開だけでも国民の怒りは相当なものなのに、多分、この場面が映っていたのではないでしょうか?
我々も声を上げていかなければなりません!
[PR]

by kkagayaki | 2010-10-09 12:24 | テレビなどが伝えない出来事


<< 猫多摩散歩日記→猫多摩散歩日記...      秋の空 >>