猫多摩散歩日記

kkagayaki.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 02日

民主党に

【世論調査】内閣支持率急落36・4% 小沢氏強制起訴「納得できる」78・8%
2010.11.1 21:46

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が10月30、31両日に実施した合同世論調査で、菅直人内閣の支持率は前回調査(9月30日実施)の
48・5%から12・1ポイント急落し、
6月の政権発足後最低の36・4%となった。

不支持率は46・5%(11・7ポイント増)で支持を上回った。
沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件や「
政治とカネ」の問題での政権の対応に対する厳しい視線を反映した。

 首相の指導力を77・3%が「評価しない」と回答。
「評価しない」は「外交・安全保障政策」(71・8%)
「政治とカネの問題」(71・0%)
「景気対策」(75・2%)-となった。


衝突事件の対応を「不適切」としたのは
73・5%で前回調査より3ポイント増。
船長釈放への政治介入の有無について
87・5%が「菅政権は真実を明らかにしていない」と答えた。
衝突時のビデオについて78・4%が「早期に全面公開すべきだ」と回答。
尖閣諸島の警備について81・5%が「強化すべきだ」と答えた。
 

民主党の小沢一郎元代表の強制起訴が決まったことには
78・8%が「納得できる」。
小沢氏が離党や議員辞職を否定したことに66・1%が「不適切」とした。
「証人喚問をすべきだ」は55・8%で「政治倫理審査会での弁明」(10・0%)
「司法の決着に任せる」(26・3%)を上回った。
 

仙谷由人官房長官について54・3%が「政権を取り仕切っている」、
64・7%が「国会答弁は適切でないものが多い」と回答した。

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101101/stt1011012147014-n1.htm
--------------------------------------------------------------------------------------------
未だ50%近い人が支持していると言うのも相変わらず信じがたいことだが、
この政権与党が権力の座についてから何かいいことがあっただろうか?
子ども手当や高校無償化、高速道路無料化というまるで携帯会社のキャッシュバックが
いくらか?どこが安いかで決めるのと同じ感覚で民主党を選んだのだから、深く考えることも
ない。この人たちはどの選挙であってもどれだけ自分が得をするかでしか議員や党を選ぶ
ことができない。こんなものは民主主義ではなく、途上国の選挙だ。
今回はそれでも、「外交・安全保障」で支持しないとした人が多く、ほっとした。

尖閣諸島の侵略問題であたふたとする現政権を見て、恐ロシアさえ舐めてかかってきた。
共産主義を賛美する現政権はひたすらシナに対しては、
土下座外交、朝貢することしか頭にない。だから、日本の国益よりシナの国益第一と
衝突ビデオは国民には絶対後悔しないつもりだ。


 【尖閣ビデオ】 仙谷長官 「国民は『公開公開!』と言いつつ何を望んでる?テレビやネット公開、いろんな配慮からよくない」   

仙谷由人官房長官は1日午前の記者会見で、沖縄・尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件の ビデオ映像の全面公開について「いろんな配慮からよくないと考えている」と否定的な見解を示した。

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が10月30、31日の両日に行った合同世論調査によると、78・4%が「早期に国民に全面公開されるべき」との結果が出ていた。

 仙谷氏は記者会見で「国民が公開、公開といいながら何を望んでいるのか。テレビで(映像を)一斉に流したり、インターネットをかけめぐることをイメージして支持しているなら、私の立場からはよくないと考えている」と述べた。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101101/plc1011011221026-n1.htm
------------------------------------------------------------------------------------------------説明が意味不明。「いろんな配慮からよくない」ってどういう意味なんでしょう?

花うさぎさんの「世界は腹黒い」
の記事を読むと、これでは必死に隠すはずだ、絶対後悔しないだろうと感じるものである。

次投稿で花うさぎさんの記事を転載したいと思います。

[PR]

by kkagayaki | 2010-11-02 12:30 | テレビなどが伝えない出来事


<< ミスターX氏が語るビデオの真実      山手線ハロウィンパーティと言う... >>