猫多摩散歩日記

kkagayaki.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 05日

尖閣沖中国漁船衝突映像流出

a0078986_12211414.jpg
a0078986_1221578.jpg


こちら
にアクセスしてみてください。

尖閣沖中国漁船衝突映像流出 
海上保安庁、幹部が集まり対応を協議

フジテレビ系(FNN)
11月5日(金)6時37分配信

沖縄県の尖閣諸島沖での中国漁船と海上保安庁巡視船の衝突映像の流出を受け、海上保安庁では、5日未明から、幹部が慌ただしく集まり始め、対応を協議している。
5日午前3時すぎ、海上保安庁の広報室長は、「映像が流れているということで、情報が入りましたので、現在、その事実関係を調査しているところです。部分的にわたしが見たものと、同じ部分もあります」と語った。
流出した映像は、合計およそ44分で、6本に分けて動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」に投稿された。
この映像について、海上保安庁幹部は「本物と考えて間違いない」と話している。
映像の冒頭には、撮影した海上保安庁の職員とみられる氏名も記載されている。
11月1日、衆参両院の予算委員会理事に限定公開された映像は、6分50秒に編集されたもので、今回の映像には、それ以外のものも含まれているという。
最終更新:11月5日(金)6時37分

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20101105-00000373-fnn-soci


衝突映像は海保撮影と海保長官認める 
首相、究明を指示


沖縄・尖閣諸島近海で9月、海上保安庁の巡視船に中国漁船が衝突した事件で、巡視船から撮影されたビデオ映像が4日夜、インターネットの動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿された。漁船が2回、巡視船に衝突した様子などが映っており、鈴木久泰・海保長官は映像は海保が撮影したものと認めた。捜査当局から漏れた可能性が高く、菅直人首相は5日午前の閣議後の閣僚懇談会で、「しっかり調査を」と原因究明を指示した。
http://www.asahi.com/politics/update/1105/TKY201011050164.html

衝突ビデオ、中国メディア報道せず 
動画サイトは規制中

2010年11月5日11時1分

【北京=林望】尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件のビデオ映像が流出したことを、中国の主要メディアは5日朝の段階で伝えていない。中国政府もコメントは出しておらず、当面は事態の推移を見守る構えとみられる。

 中国の主要テレビ、新聞は日本での報道ぶりを含めて一切、報じていない。ただ、4日深夜の段階で映像の流出を知ったという中国メディアの関係者もおり、当局から報道を規制するよう指示が出ている可能性もある。

 ネットでは、中国共産党機関紙「人民日報」傘下の「人民網」が香港メディアの映像を引用する形で短く報道。映像を紹介した香港の衛星テレビ局「鳳凰電視台」のサイトには、「漁民は身をていして国に報いた」など、船長を英雄視する書き込みが増えている。

 中国では画像が流出した動画サイト「ユーチューブ」自体が規制の対象になっているため、今のところネット世論が沸騰する状態にはなっていない。ただ、香港メディアなどを通して情報が広がるのは時間の問題で、強い反応も予想される。
http://www.asahi.com/national/update/1105/TKY201011050177.html
---------------------------------------------------------------------------------------------
民主党のお偉方が偉そうに御託を並べているが、そもそも、「国民の知る権利」を
無視したのが問題。
最初から編集せずに公開していれば、こんな問題も起きない。
今すぐ全部のビデオを公開するべきだ!

[PR]

by kkagayaki | 2010-11-05 12:24 | ニュース速報


<< 【活動】13日の各団体の活動予...      11.6(土)「頑張れ!日本」... >>