カテゴリ:政治に関する独り言( 96 )


2010年 09月 28日

有事の今でも お笑い日本続行中!

ブログ 支那豚の楽園さんの記事をまずお読みください。↓
世界一の奇妙な発想
シナ環球時報の論文「中国民間は琉球の独立を多く支持するべきだ」

小林よしのり先生の本の中では、沖縄のことは全体主義の島と呼ぶ。私は沖縄に行った事がない。沖縄はどのような全体主義の島なのか、その実態は把握できない。但し、先月、沖縄知事仲井真はシナを訪問した時、シナ政府機関がシナ人観光客の「ビザ無し」を提案された。知事も賛成したようだ。ずっと沖縄の領土を虎視眈々と狙っているシナがそのような提案を出す自体、大きな政治目的があるのは間違いない。恐らく「ビザ無し」は「自国の領土」にすると同じ意味であるだろう。

沖縄だけではなく、最近のニュースでは九州はシナ人観光客を招致するために、政府に提案し、これらの地域への中国人観光客の観光ビザ(査証)の免除を求める動きがあるそうだ。こんな事を知り、いきなり怒り心頭だ。これらのお馬鹿さんは。どのようなことをするつもりか知っているのか?その発想は人類を宇宙に送ろうとする発想と並ぶ大胆な行動だ。

1998年、私は会社の業務訪問のため、シナ南部の深センに出張に行く予定だった。しかし深センに行く途中、バスで泥棒に財布を取られてしまって、財布の中に入った全部、現金、カード、「辺防証」をなくした。シナ人が香港、マカオのような特区に行くのは査証が必要であるのは言うまでもない。更にシナ国内の一部の地域、所謂国境管理区にもあらかじめ「中華人民共和国国境管理区通行証」を提示しないといけない。その通行証は「辺防証」と略称し、その地域に行く前にあらかじめ居住地の公安派出所へ申請しないといけない。公安はその申請を審査してから「辺防証」を発給する。「辺防証」がないと国境管理区に入れない。その時、私は「辺防証」を無くした為、深セン向けのバスから「辺防証」をチェクする巡察員に深センの辺防派出所に連れて行かれた。十人程の同じ「辺防証」を携帯していなかったシナ人と一緒に、辺防派出所の中の一つの黒い部屋の中に閉じこまれた。最後、私は会社の社長に電話し、同僚が辺防派出所に駆けつけて、200人民元の罰金を払ってから、ようやく釈放された。当時、辺防証の費用は20元で、つまり罰金はその費用の10倍だ。2006年に、シナ政府は深セン、珠海の「辺防証」を取り消したそうだが、チベット、ウイグル、内モンゴル、広西などの一部の地域はまだ「辺防証」が必要だ。

自国国内すら自由に行けなく、色々な証明が必要なのに、日本の沖縄、九州のお馬鹿さんは、シナ人にシナ政府よりも破格の待遇に与えようとする。いくら観光客を重視するとしても、国家の限界をも超える行動は気が狂っていると思う。これを実現できたら、シナ人は間違えなく、大量に入国するだろう。シナ政府が公表した数字によると、シナでは今、一日の収入が1ドル以下の貧困人口は2億人いるらしい。本当の貧困人口の数字は、シナ政府が公表した数字をはるかに超える可能性が高い。世界中のどの国もシナ人移民の大量流入を警戒し、そのような奇抜、大胆な考えはできなかったのに、世界初そんなことをしようとする沖縄人と九州人は良識と常識を持っているのか?本当に日本が滅亡することを望んでいるのか?

シナの環球時報は最近数年、「沖縄はシナの領土」に関するいくつかの論文を掲載している。沖縄が本当にシナ人を「ノービザ」にしたら、シナ政府はさらに「琉球奪還」の運動を盛り上げ、シナ人を大量に送り込もうとするだろう。沖縄といい、九州といい、元々これらの土地で生まれ育った日本人は漁業、農業などの日本伝統産業に勤めた人が多い。シナ観光客を招致したら、これらの地域の漁民、農民は本業を放棄し、そのまま観光客向け商売の仕事をするかもしれない。すると、日本の食卓を支える伝統産業は益々破滅の道に進む。また、大量な非法移民は観光客を偽って、日本に入国する。そして、彼らの人数がある程度に達したら、その時、日本は終わりだ。


管理人の9月22日の記事にも
【観光推進機構九州 入国規制緩和。特区申請へ】
の記事を転載しました。

目の前の利益(利権)だけの日本経団連の米倉会長の談話↓

尖閣諸島沖の漁船衝突事件で、中国人船長が処分保留のまま釈放されたことについて、日本経団連の米倉会長は事態を沈静化させようという努力の結果だと、政府の対応に一定の評価をしました。 「(釈放した時期について早いとか)中国側のおどしというか、いろんな圧力に屈した、だからおかしいんじゃないかという国内的な批判がありますが、それはそれで、政府としての沈静化させようとする努力の結果だと思います」(日本経団連 米倉会長)米倉会長はこのように述べて、日中関係という国益を優先することが最も重要だという考えを示しました。

その上で、野党などから強い批判が出ていることについては「政争の具に使わないでほしい」と求めました。
一方、ハイテク機器の製造に不可欠なレアアースが事実上、輸出停止となるなど、日中の経済問題への影響については「政治的な問題で経済関係も悪くなるということは、これまでなかった」と述べ、経済界として今までどおりの活動を続けるだけだという姿勢を示しました。

http://www.mbs.jp/news/jnn_4536572_zen.shtml
------------------------------------------------------------------------------------------------
支那豚さんは中国出身の方で、日本の現在の危機に必死に警笛を鳴らし続けてくれています。
ちょっとでもあの国の事情を知っている人なら危険極まりない一党独裁、共産主義国家、
覇権主義国家であり、いずれこうなることは予測しています。

国家100年の計ではありませんが(支那中共は建国が1946年)
中共は、建国以来チベット、ウィグルなど周辺の国を侵略しており、台湾や日本も支配することも
視野に入れていたと見ていいでしょう。日本より強くなるまでは、日本のお金を引き出させる為に
上手く立ち回り、その時を虎視眈眈と狙っていたのです。その時が今ですよ。

日中友好の言葉に騙され、○○交流が進み(過ぎ)、経済では依存過ぎるほど依存してしまった。
どっぷりと中国の毒に浸かってしまっているのが今の状態。
何も気づかないまま、平和ボケも進行中。もう洗脳は解けぬほどになっているようです。

昨夜は7時から3時間という、スタジオに一般視聴者を招いての所謂政治ショー「テレビタックル」
を見てしまった。(1時間も見ないで消してしまったが。)

領土を奪われかねない、中国の侵略が現実になりつつある、国家一大事というこの時に、
スタジオ内はヘラヘラ、爆笑の渦なんである。
笑っている余裕なんてない時にこれではね。
逆に国民に危機感を持たせないようにしているのかと思えてしまった。
そして、こんな平和ボケ日本人が怒るのは、年金問題。
失業問題は中国や朝鮮人、移民問題なども絡んでくるのだが、
このことは絶対にテレビでは語られない。
無難な年金問題だけがクローズアップされる。

ちなみに生活が大切なのは当たり前で年金の問題も大切ではあります。
それでも、とにかく、文句ばっかり。(まともな)議員の説明も聞いていない。
若いお母さんが、「月6万円でも住宅とか提供してくれれば、つつましく暮らせば
やっていけるかもしれない」との発言はちょっと救われたかな?
政府も努力するし、(もちろん政府側の不正の問題も解決しないといけない)
国民も努力しながらやっていこうとする方向へは考えない。
この人たちは中共に支配されたら年金も何もあったものじゃない。
生きて行けるかどうかもわかったものじゃないなんてことも
全く考えていないのだろう。

今までしっかりとした形での有事はなかったから、国防の問題はおざなりになっているけど、
特亜三国+ロシアの脅威から守ってもらうのが国家の最大福祉だと思う。
管理人は日本が貧乏だった時も知っているし、貧乏だった時期もいっぱい経験している。
だけど、人権も軽んじられ、自由に発言出来ない共産主義国家で生きるぐらいなら
貧乏でもいいと思っている。
残念ながら、同じように思っている人は少なくて、
どこの国家に支配されてもいいから、自分(だけの)の生活が豊かであればいいと
思っているんだろうなぁ。そんなブログも見たもの。

とにかく、政府はおろおろ、国民はヘラヘラ。
銃を突きつけられているのに、
お笑いに終始している情けない国が今の日本だと
つくづく感じた。

国防より経済。有事であってもこの有様。
あちこちのブログで「今回のことで日本人も目覚めた人が多いだろう」との
言葉を聞くが、ちょっと甘いのではないかと思う。
所詮、遠く離れた島で日本の政府と支那の政府が喧嘩している。

「そんなことはいいからさ、観光客が来ないと困るんだよ!
中国がないと生きて行けないんだよ。だから、日本側がさっさと謝って
くれればいいんだよ」
と経団連もお花畑、平和ボケの日本人も思っているだけです。

政府に対しての要望が 国防⇒6%しかないんですから。

[PR]

by kkagayaki | 2010-09-28 16:43 | 政治に関する独り言
2010年 09月 15日

菅内閣支持率71%↑ こんなに楽しい民主党の政治!

何をしても、日本の憲政史上最低の民主党でも
経済音痴でも独裁、超左翼主義の首相でも

頑張れ日本 民主党糾弾動画
似非日本人にとっては
民主党ならぁ 民主党なら 日本は楽しい!
こんなに楽しい民主党なんですよ!


だから支持率71%


だから、日本人は〇〇だ!

【調査】 菅内閣支持率71%↑ 菅氏再選について81%が「よかった」
政党支持率は民主46%↑、
自民23%…日経とテレ東の緊急世論調査

★菅氏再選「評価」81%、内閣支持率71% 本社世論調査
 
 日本経済新聞社とテレビ東京が14、15両日に実施した緊急世論調査で、
菅直人首相が民主党代表に再選されたことについて81%が「よかった」と答えた。
理由(複数回答)では「首相が頻繁に代わるべきでない」の72%が最多で
「小沢一郎氏に首相になってほしくない」の46%が続き、消極的支持が多いことも浮き彫りになった。
菅内閣の支持率は71%と8月の前回調査から17ポイント上昇した。

 内閣支持率は菅政権発足を受け6月上旬に実施した調査の68%をも上回り、
昨年9月の政権交代直後の鳩山内閣の75%に迫る高さ。不支持率は前回調査を13ポイント下回る24%だった。
 菅氏の再選を「よくなかった」と答えたのは16%。理由を複数回答で聞くと「指導力がない」(52%)が1位。
「政策が悪い」(35%)、「小沢氏が首相になってほしい」(31%)と続いた。

 小沢氏の政府や党の重要な役職への起用については「起用すべきでない」が61%に達し、
「起用すべきだ」の29%を大きく引き離した。「政治とカネ」問題を抱える小沢氏への拒否感が依然、強いことがうかがえる。
首相が消費税率の引き上げなどについて超党派で議論する意向を示していることには「賛成」が46%。
「反対」の44%をやや上回った。

 民主党の支持率は46%と前回から6ポイント上昇し、菅政権発足直後に次ぐ水準まで回復した。
自民党は横ばいの23%だった。みんなの党は7%と2ポイント低下した。

 調査は日経リサーチが全国の成人男女を対象に、乱数番号(RDD)方式により電話で実施。
有権者のいる1553世帯から952件の回答を得た。回答率は61.3%。

日経新聞 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
楽しいね!
日本人!

民主党しか見えません!
日本には民主党しか存在しません!

歓迎!日本のシナ化!
歓迎!日本の朝鮮化!

[PR]

by kkagayaki | 2010-09-15 23:57 | 政治に関する独り言
2010年 08月 28日

日本の乗っ取りは完成に近付いている

武器を持つことだけが侵略ではないのだ
敗戦後 アメリカの占領政策により
日本の文化は否定され テレビの番組はアメリカのドラマばっかりだった
「アメリカは素晴らしい!」
「アメリカが正しかった 日本は負けてよかったのだ」
と思いながらの青春をおくったのは私である

アメリカの良き部分を吸収しているうちはよかった
そのうちアメリカの悪しき習慣まで入り込んで 
今ではアメリカの植民地と言ってもいいほど
アメリカ化されてしまっている

アメリカは、日本の去勢の為に 共産党と朝鮮人を利用した
朝鮮人は終戦直後に暴れまくり、多くの日本人の土地を奪い 婦女子を強姦し
虐殺した このことは長い間闇に葬られてしまっていた

朝鮮進駐軍と名乗る→後→ 北朝鮮→朝鮮総連 に別れ 現在に至る
            南朝鮮→民団

この二つの勢力の日本乗っ取り計画は現在も進行中。

つい二~三年前までは「日本が乗っ取られてしまう」と言った

とんでもない 
NHKや民放各局のはっきりとわかるほどの捏造、偏向報道や
寒流などと称する反日国の文化、芸能などの強引な押しつけを見れば
マスコミ(テレビ局は)の乗っ取りは7割以上成功していると思って間違いはない

アメリカと朝鮮の洗脳作戦に共産党や社会党を始めとする自虐史観やら共産主義思想の
刷り込みも加わり
「日本は悪かった、戦争で悪いことをした」「だから 朝鮮やシナには何も言えないのだ」という思い込みが65年間も解けずに日本人の精神に入り込んでいる
入り込んでいることに当の日本人は全く気づいていない

だからこそ テレビが煽りに煽った「政権交代」に踊らされ、
反日政党、朝鮮政党の民主党を選んでしまった 
民主党の誕生 これこそが戦後アメリカが去った後の朝鮮人勢力が目指した日本の姿
戦後日本の集大成が民主党政権の誕生 支持率が今後も下がらない現状なのだ

テレビの世界は平和で楽しい
グルメ お笑い スポーツ お花畑のCM
そんなテレビを見続けている人に 現在の日本の危機感などあるわけがない

日本はいろんな事件が(テレビで報じる)あっても
このまま平和が未来永劫続き 
「日本がなくなる?そんなこと有得ないでしょう!」
だけが思考のすべて

時々ワイドショーでしたり顔のコメンテーターの言葉を
そのまま信じて 自分の意見と思ってしまっている

テレビ局はとっくに朝鮮勢力のものなので
目線はすべてあちら
日本人にとっての危機は 報道しない 報道してもアリバイ作り程度
重要問題にしない 

日本人にとって 考えなければならないニュースは報道しない
目を覚まされては困るからだ
そこへ寒流と称する 似非ブームをつくり
それをきっかけにあちらのドラマが番組表を埋め尽くす

覚醒した人は勿論見ることはないが
何にもわからない層は 人気があるからだろうと思ってしまう

少しづつあちらのドラマの範囲を広げていく それにも気づかない
目が慣れてしまう そんなものだと思う

そのうち 日本のドラマは隅に追いやられてしまう

今その過程である

日本はアメリカに負け 二度目の侵略が

武器を使わない侵略が進行中である

民主党の代表選でのテレビ報道は
どちらにしても自分たちの党が潰れては目的が達せられないので
小沢を批判して見せながら菅を擁護
小沢=黒 菅=白の報道に持っていくだろう
民主党の延命だけが目標

誰が代表になろうが
民主党が日本人の為の政党ではない 日本乗っ取りの為の
外国勢力の党であることに
国民が気づかない限りは
日本の乗っ取りは完成に近づく

憲法違反である
党の代表(総理大臣)
を外国人が選べるということを
テレビや産経を除く新聞が報道しないと言うことが
報道が乗っ取られている証拠となるだろう

歴史も教育も
すべて反日国の言うとおりに進むのだ


a0078986_1331549.jpg

[PR]

by kkagayaki | 2010-08-28 13:31 | 政治に関する独り言
2010年 07月 30日

日本が崩壊する前に

昨日は、太陽のエネルギーが衰え、風も吹いていましたが、
何とも蒸し暑い一日ではありました。

今日は蒸し暑さは残るものの、昨日よりは過ごしやすいです。
猛暑が続き、去年は、一昨年はと過去ログを見てみました。
暑いことは暑いのですが
結構出かけていたので、まだ耐えられる暑さだったのでしょう。

昨年の選挙前あたりから政治(特に東アジア問題)の記事が多くなってきています。
その前は純粋に画像だけでした。普通に政局や国内の経済政策などの問題であれば、
政治専門のブログで十分ですし、何もここで取り上げなくてもいいわけですが、
国内は不法滞在外国人や合法的であっても怪しげな外国人が増えてくる、

外からは相も変わらず日本を攻め続ける東アジア(ロシア、オーストラリアも含まれてきました。)の現在の状況から、日本はいずれなくなるとの危機を感じていたところ、朝鮮人帰化人が半分以上、現在では、殆どがそうじゃないかと疑うぐらいのあちらよりの政党が誕生、とうとう与党になってしまい、自民党の時もそうでしたが、民主党政権になって、ますます日本の崩壊が速まってきています。

テレビは起きていることの10分の1も伝えていません。
うざがられても顔をそむけられてもこのブログでの政治の記事を続けるつもりです。
それは、動物を、自然を守ることと同じことですから。


a0078986_10532852.jpg

[PR]

by kkagayaki | 2010-07-30 10:54 | 政治に関する独り言
2010年 07月 26日

NHK「JAPANデビュー」を見て

こうしたドキュメント番組を見て、検証できる人は
歴史に精通した専門家や詳しい人に限られます。基礎に豊富な歴史知識が
なければ何がねつ造で何が正しいかはわかるはずもありません。

知識がない人は垂れ流された内容を何の疑問も感じずに受け取るしかないのです。
民主党と同じでこれもある意味、詐欺になります。
詳細は以下のブロガーに任せるとして、私が感じたことを大まかに述べます。

冒頭から、明らかに外国人参政権付与を正当化する方向に持っていってます。
しかも当時の在日から、現代の朝鮮学校無料化や外国人参政権の問題に絡めてきたこと
で、この番組の主張したいことがわかりました。
すべて、在日目線でした。↓
勝手に日本に住み着いてた朝鮮人が日本敗戦に喜んで(奪った土地建物で)
朝鮮語の私塾を作った
日本政府は朝鮮人の日本国籍を認めない
文部省は朝鮮学校を認めない
日本政府は参政権を日本国民にのみ与え、民主的な投票を行った


だから日本が悪いのですか?日本は負けたのであって、
戦前は日本人であった朝鮮人は解放されたと喜んでいるのですから
日本国籍がなくなって嬉しいのでは?
日本人ではないのですから参政権もなくなるのは当然でしょう。

多くの在日が済州島から逃げて、または朝鮮戦争から逃げて密入国したことと
戦後混乱期に朝鮮進駐軍と称して暴れまくった事実をスルーしましたね。

もし、NHKが日本人の視聴者に向けて放送したのであるなら、
在日朝鮮人の負の部分も放送するべきですが、
日本人は対象となっていないのでしょう。
NHKはもはや日本の放送局ではないことをさらに確信しました。

詳しい内容は以下から
NHKスペシャルの止まらない在日韓国・朝鮮人擁護の在日史観、反日史観のみの反日放送

(略)画像と説明参照↑
詳しい内容は上記に譲るとして、どうも日本共産党が深く関わり、
尚かつ天皇制廃止など訴える日本の、日本人にとり大切な天皇陛下に関わる
危険な思想のもと動いていたようで。
またその手段はデモと言うよりは暴動と言った方が正しいと思えるぐらい
ムチャクチャしています。
つまりGHQや武装警察が出てきて鎮圧するにはちゃんと理由があったし、
不幸にして犠牲者が出てしまったが、それは仕方がない、
自業自得としか言いようがない。
在日が好き勝手やった歴史、
朝鮮進駐軍などの横暴はここまで一切スルーというまさに在日史観で続きます。
以下略。ブログをご覧ください。


-----------------------------------------------------------------------------------------------
本当の歴史と外交
からはNHKへの抗議文を掲載させていただきます。

拝啓

7月25日(日) 【NHKスペシャル プロジェクトJAPANシリーズ「日本と朝鮮半島」
第4回 解放と分断 在日コリアンの戦後】を拝見しました。

在日朝鮮人の密航(不法入国)や戦後「朝鮮進駐軍」と称して
殺人や強姦や略奪をしまくった真実を隠ぺいし、
あたかも在日朝鮮人が被害者であるよう偏向番組に憤りを感じました。

「在日コリアンの戦後」をテーマにしている以上は、
彼らの大半が日本に密航(不法入国)して来て、
戦後日本政府が彼らを朝鮮半島に帰そうとしても帰らなかった事実を放送しないのは
重大な手落ちです。

更に、朝鮮半島に帰そうとしても帰らない在日朝鮮人どもが
「朝鮮進駐軍」と称して日本人に対して婦女暴行、略奪、警察署の襲撃、
土地・建物の不法占拠など悪逆非道の限りを尽くしたことは
在日朝鮮人の戦後を語る上で必要不可欠な事実です。

在日朝鮮人の大半が密航(不法入国)して日本に来たこと、
戦後在日朝鮮人が悪逆非道の限りを尽くしたこと、これらを隠ぺいしたことについて
NHKは放送で謝罪するべきです。

放送した内容についても、おかしな部分がありましたので指摘します。

まず、番組では何故か最初に「カイロ宣言」について言及しました。
ナレーションで、「朝鮮の人々が置かれている奴隷状態に留意し、
朝鮮が自由で独立した国になるよう~」と述べたのです。

しかし、この戦中に敵国首脳によって作成されたカイロ宣言にある
「朝鮮の人々が置かれている奴隷状態」は、事実に反しますし、
今回の番組の趣旨に全く関係のないことでした。
帝国議会の議員となった朝鮮人も居ましたし、
陸軍中将となった朝鮮人も居たのですから、
朝鮮人が奴隷だったわけがありません。

実際にその直後、ナレーションで、在日朝鮮人が日本から出る際には
財産の持ち出し制限があったために、在日朝鮮人は朝鮮半島に帰らなかったと
言っていました。
日本によって朝鮮人が奴隷状態にされていたなら、
朝鮮人がわざわざその日本に密航して来るわけがないですし、
ましてや財産の持ち出しを制限されるほど財産を築けるわけがありません。
番組冒頭の「カイロ宣言」から、在日朝鮮人が朝鮮半島に帰らない理由の説明までは、
全く意味不明な番組進行となっていました。

カイロ宣言にあった「朝鮮の人々が置かれている奴隷状態」というのは、
事実に反する上に番組の趣旨とも関係ないのにわざわざ最初に取り上げることの
意味は何だったんですか?
日本を悪者にするという悪質な印象操作以外の何ものでもないと感じました。

次に、ナレーションで、「敗戦をむかえた日本。植民地時代に海を渡って来た
200万人を超える朝鮮人が居ました。彼らの多くは、祖国独立の希望
を胸に、下関や九州各地の港に押し寄せました。」と言ったことについてです。
祖国独立を希望していた朝鮮人たちは、
どうして下関や九州各地の港に押し寄せたのでしょうか?
ナレーションで言っていることが支離滅裂で意味不明です。

次に、ナレーションで、「帰国の時を待ちながら暮らし始めた人々、
彼らは日本に留まらざるをない様々な事情を抱えていました。
当時帰国に当たっては財産の持ち出し制限がありました。
それはそれまで日本で築いた生活の基盤を失うことでした。
さらに帰国しても植民地時代に頼るべき親族が離散していたりして、
戻ることを余儀なくされました。」と言ったことについてです。

日本に来た朝鮮人の大半は、
日本の渡航制限に違反して密航(不法入国)して来ていました。
これは、当時多くの密航鮮人が逮捕されて強制送還されていた記録や、
吉田茂がマッカーサーに宛てた「在日朝鮮人に対する措置」文書(1949年)
などから明らかです。

ですから、密航鮮人どものことを「帰国の時を待ちながら暮らし始めた人々」
などと表現するのはおかしいです。

朝鮮に帰国したければ最初から日本に密航(不法入国)などしません。
それと、前述のとおり、日本で国会議員になった朝鮮人や日本軍で将校となった
朝鮮人が多数居た上に、このナレーションにおいて朝鮮人が日本で財産を築いていた
と述べているのですから、番組冒頭で「朝鮮の人々が置かれている奴隷状態」
などという事実無根のナレーションを挿入したのは、悪質な印象操作です。

これについても、NHKは放送で訂正と謝罪を行うべきです。
それと、「帰国しても植民地時代に頼るべき親族が離散していたりして、
戻ることを余儀なくされました。」と言いますが、
朝鮮に帰えって頼るべき親族が居なくて生活できないなら、
日本に戻っても同じように生活できないはずです。
もしも日本に頼るべき親族が居たなら、
その親族らと一緒に朝鮮に帰れば良いのです。

ですから、在日朝鮮人が朝鮮に帰国しても頼るべき親族が離散していたことは、
日本にまた戻ることを余儀なくされた理由になりません。

次に、ナレーションで、「朝連は(日本で)自分たちの言葉を取り戻し、
植民地時代の皇民化教育を拭い去ることが真の解放に繋がると考えました。
教室を整備し、全国に500を超える学校を作って行きます。」と
言ったことについてです。
日本で朝鮮語教育をすることよりも、朝鮮に帰ることこそが真の解放のはずです。
そういう当たり前のことについて番組で全く言及しないのはおかしいです。
ナレーションで、「朝鮮に帰ることが真の解放であるはずなのに、~」
と一言付け加えるべきでした。

次に、当時教科書を編纂した朝連東京本部文教部長の李殷直が、
「戦前、あまりにも日本の学校でいじめられたもんだから、
戦争中から学校に行かなくなってた。」と言ったことについてです。

戦前にいじめられたなら、なぜ朝鮮に帰らなかったのでしょうか?
密航(不法入国)して来て居座っていたくせに、
戦前にいじめられても戦後になっても帰らず文句を言うのはおかしいです。

続いて李殷直は、「戦後になると、朝連の土地が出来ると、
そこに朝鮮人の子供たちが集まって遊ぶ。
そこで子供たちのために学校を建てるのが朝連の仕事だった。」とも
言っていましたが、日本国内で勝手に学校を建てる不法行為について、
NHKが何の非難もしないのはおかしいです。

その後、文教部長だった李殷直は再度登場し、
「マッカーサーは不思議だ。日本の学校に行けばいいじゃないかという。
いくら説明しても分からない。」などと言っていましたが、
それほど日本で日本語教育を受けるのが嫌なら、朝鮮に帰れば良いだけですので、
不思議なのはマッカーサーではなく、
日本に居座り違法な朝鮮語教育をしていた朝鮮人どもの方です。

次に、ナレーションが、「通達に従わない学校に対しては閉鎖の強制執行。
朝鮮学校の子供たちがマッカーサー宛てに出した学校存続を求める嘆願書です。
在日コリアンの強い抵抗は、植民地統治の実態について十分な知識のないGHQに
とって予想を遥かに上回るものでした。」と言ったことについてです。
「植民地統治の実態について十分な知識のないGHQ」というのはNHKによる
勝手な決め付けです。
この「植民地統治の実態について十分な知識のないGHQ」というナレーションには
何の根拠もないはずであり、NHKの偏見をナレーションに盛り込むのは不適切です。
そもそも、在日朝鮮人が違法学校の存続を強く求めたことと、
植民地統治の実態とは、何の関係もありません。
NHKは、放送で訂正と謝罪をして下さい。

次に、1948年4月24日に神戸で起こった「
阪神教育事件」(阪神教育闘争)で知事室に入って家具や壁などの
破壊活動に参加していた梁相鎮(ヤンサンジン)が、
「朝鮮語教育をやめ言うのは、またまた日本語教育され、植民地にされる」と
言ったことについてです。

どうして戦後の日本において朝鮮語教育をやめろと言うと、
朝鮮がまた植民地にされると考えるのか、全く意味不明です。
それほど朝鮮語教育がしたければ、朝鮮に帰れば良いだけのことです。

最後に、ナレーションで、「東大阪朝鮮初級学校です。
閉鎖後も夜間学級などで民族教育の火をつなぎ、1952年に再建、各種学校として、
現在に至っています。この日、全校生徒を集め、劇が上演されました。
植民地の時代につづく戦後占領期の7年間、
今に至る在日コリアンの法的地位が決りました。民族の記憶を受けつぎ、
日本という社会で生きて行こうとする思いは親から子へ、
子から孫へと受け継がれています。」と言った部分についてです。

公共放送のNHKが、朝鮮に帰れば良いのに日本に居座り、
勝手に学校を建てて違法な朝鮮語教育を行っていた在日朝鮮人どもの行為を
褒め称えるようなナレーションを放送したことは不適切です。
NHKは、謝罪と訂正の放送をして下さい。

〒1●●-0●●● 東京都●●区●●7-●-●
 ●●●●

----------------------------------------------------------------------------------------------
いかに矛盾した偏向、プロパガンダ番組であったか、
わかろうというものです。


a0078986_17532428.jpg

日本に居座り、反日活動を続ける在日朝鮮人
[PR]

by kkagayaki | 2010-07-26 17:53 | 政治に関する独り言
2010年 07月 20日

<金賢姫元死刑囚>入国、政治判断でクリア 「特例」で

<金賢姫元死刑囚>入国、
政治判断でクリア 「特例」で

7月20日11時54分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100720-00000036-mai-soci

 大韓航空機爆破事件の実行犯である北朝鮮の元工作員、金賢姫元死刑囚の来日には「入国」と「捜査」の二つの高いハードルがあるとされてきた。
だが、いずれも政府の政治判断でクリアされる展開になった。

金元死刑囚は死者115人を出した大量殺人テロ事件の実行犯であり、
出入国管理法5条が定める上陸拒否事由にあたる。
そのため、中井洽拉致問題担当相が2月、千葉景子法相に特例で招致したい意向を打診。
田口八重子さんに日本語教育を受けたとされる金元死刑囚の話を聞く機会を得られることは、横田めぐみさんの両親ら拉致被害者の家族にもメリットが大きいなどとして、
千葉法相は上陸特別許可を出した。

 もう一つの来日の障害は、87年の爆破事件当時、金元死刑囚が「蜂谷真由美」名義の偽造旅券を所持していたことから、偽造公文書行使の容疑があることだった。
しかも、金元死刑囚は海外にいたため、時効は成立していない。
複数の捜査幹部は「警視庁が立件の可能性を捨てているわけではない。
ただ、死刑判決を受け、事件から20年以上が経過している。
可罰性の観点からどうなのかという議論はある」と話す。

 こうした現状を踏まえ、中井担当相は警察庁に対し、
入国後も支障がない対応を要請。警察当局もほぼ同意しており、
拉致事件についての情報収集も含め、
滞在中に金元死刑囚から事情を聴くことはないとみられる。【千代崎聖史】

------------------------------------------------------------------------------------
他のブログでも取り上げているが、元死刑囚が来日との報道を知り、
まずは違和感である。

何でこの時期に?と思う。
素人考えだが、恩赦を受けたとはいえ、元死刑囚であって、
金元死刑囚は死者115人を出した大量殺人テロ事件の実行犯である。
死刑を免れても本来は、ひっそりと暮らしていかなければならない境遇であると思う。
日本の拉致事件に絡んでいるからと言って、公に姿を現し、テレビに堂々と映る。
115人の遺族の方たちからしたら、とても許せるものではないだろう。

それが、日本の政治判断、左翼、朝鮮人政党の民主党のことであるから、
裏があるだろう。韓国が期待する、日韓併合100年にあたっての○○談話を出させる為の
取引をしたのだろうと思う。(当たらないことを祈るが)

そもそもが拉致事件の解決などは考えてもいない政権である。
拉致事件実行犯のシン・ガンスの釈放要求署名にサインした、総理大臣。
同じく、サインをした、落選しても法務大臣に居座る法務大臣。
この政党の思惑で来日が実現だなんて、胡散臭く思うのも当然ではないか。

この党の人間はブルーリボンは横田夫妻、被害者家族に、面会する時だけつけて、
終われば即外すのである。やる気なんか最初からないのだ。
元民主党都議会議員の土屋たかゆき氏によれば、ブルーリボンをつけていると
「何でそんなものつけているんだ!外せ」と多くの民主党議員に言われるそうである。

このことからして、単なるパフォーマンス、韓国との裏取引以外には考えられない。

何も来日しなくてもこちらから出かけて聴取すればいいこと。
大げさにチャーター機まで使い、わざわざ軽井沢に滞在などと
マスゴミが喜びそうなお膳立てだ。
今日も面会、軽井沢で騒然のどうのとマスゴミが騒いでいる。
今日から四日間、ワイド・ショーにとっては、美味しいネタだろう。
右往左往させられる家族会の方たちが気の毒でならない。
[PR]

by kkagayaki | 2010-07-20 14:10 | 政治に関する独り言
2010年 07月 15日

国民の声を抹殺する左翼政権 民主党

参院選後、ホッとしたのもつかの間、選挙の総括も出来ないでいる間に、
民主党が暴走を続けています。
選挙結果については夕刻の備忘録さんと全く同じです。↓

先の衆議院選挙の結果も、今回の参議院選挙の結果も、相も変わらず、自身の思考回路を全く通さずに、意思決定をマスコミに任せて投票した人が多くいたことを示している。奇々怪々な人の動き、情報封鎖等々、我々とは別の世界に生きているのではないかと思われるような「事実に反する報道」によって、多くの人が振り回されてしまった。

あらゆる問題の元凶はマスコミである。そして、組織選挙が何時まで経っても、
その有効性を失わないのは、投票率の低さの故である。

今回の選挙の成功を受けて、なお次回の反省点を見い出せば、
投票に行かない層、特に二十代の浮動もしない「固着層」に、
何とか投票場に足を運んで貰う必要がある。

大学生なら、学内サークルや同好会活動の一環として、積極的に選挙に関わる意識を持てるような新しいアイデアを出して頂きたい。何が何でも「投票率」を上げねばならない。
労働組合の組織投票に勝つためには、ネットを基軸として、
この種の問題提起を飽きることなく続け、少しずつ風向きを変えていく必要がある。

大成果を得たとはいえ、比例区での民主党の票数を考えると、
まだまだ真実が国民に伝わっているとは言えない。
公示日以降、「公選法違反の疑い」で真っ先に取り上げられた連中が、
軒並み早々と当選を決めている。幾らデタラメをやっても「勝てば官軍」で、
捜査の手は当選者にはおよび難いことを前提にしている確信犯達である。


その一方で我々国民側は、ブログの更新内容一つとっても、
公選法に抵触していないか、一々気にしなければならず、
悪党の高笑いに歯がみする日々であった。

(略)
選挙結果の全体を見て、喜びと悔しさの入り交じった複雑な心境で、
朝を迎えた方も多いと思う。しかし、これで今後は「強行採決十連発」のような国会運営が出来ないことは明らかである。国会は是正される。この結果は、我々が望み、我々の力で勝ち得たのだ。「次のために」さらなる力を蓄えたいと思う。
早期衆議院解散、総選挙を目指して。

菅なら出来る。唯一の男、菅直人ならやってくれるはずだ。
右往左往の国会運営の末に、「局面打開」の伝家の宝刀を抜くはずだ。
国際的にも認知されている拉致問題に対して、実行犯との関わりを公然と認めた人間が、
被害国のリーダーであるなどという「笑えない冗談」は、一日たりとも耐え難い。

風を吹かそう、
総選挙の風を!

-------------------------------------------------------------------------------------------
有権者が賢明にならないかぎり、政治に無知な第2、第3の有名なスポーツ選手や
テレビでパフォーマンスをしたり、顔を売った、同じく、政治に無知な人達が
これからも当選していくことでしょう。

国民も国民なら選ばれるのもそれなりの人間でしかありません。
国を思う人が落選し、
日本を足蹴にするような人が日本の国会議員になってしまうのです。

以下の憂国の備忘録さんのブログの記事を理解できる人は何人いるでしょうか?
選挙を人気投票と同じように考えて投票した人たちには無理でしょう。
国民の100%を優秀にすることは不可能ですが、
次の衆議院議員選挙までにもっともっと賢い有権者が増えて欲しい、
元々賢いが、ただ知らなかっただけの人も多いと思います。
その方たちが今後更に更に増えて欲しいのです。
政治は片手間ではいけないと同時に、
有権者も自分の生活、趣味、娯楽と共に、選挙のときだけではなく、
常に政治も生活の一部にしてもらいたいものです。
そうなっていれば、日本人ではない、日本人であっても
国益、国家意識がなく、
自国より他国を重んじるような政党を支持するわけがないのです。



夕刻の備忘録↓
[PR]

by kkagayaki | 2010-07-15 12:02 | 政治に関する独り言
2010年 07月 13日

責任や選挙の意味がわからない民主党=第2社会党(社民党)

千葉法相続投 官房長官が方針を表明
2010.7.12 12:36


菅直人首相は12日午前、仙谷由人官房長官、民主党の枝野幸男幹事長と公邸で会談し、参院選神奈川選挙区で落選した千葉景子法相の進退について、続投させる方針を確認した。千葉氏は69万6739票を獲得したが、落選していた。

仙谷氏は会談後、記者会見で「9月中には民主党代表選があり、参院の執行体制も新しく作られることになる。行政の継続性という観点から、続けていただくことが望ましい。首相と再確認した」と述べた。


平成16年の参院選で、当時の野沢太三法相(自民)が出馬しなかったため、選挙後も「民間閣僚」として約2カ月間、閣僚を務めたことがあった。ただ、現職閣僚が落選し、その後も閣僚にとどまることは極めて異例といえる。

民意を無視した行動といえるだけに、
国民の理解を得ることは難しそうだ。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100712/plc1007121138006-n1.htm
------------------------------------------------------------------------------------------
明治大学の高木勝教授は「千葉氏は大臣としての実績を訴えて選挙を戦い落ちたのだから、『千葉さんはもう大臣として仕事をすべきではない』と判断されたということだ。
これで続けるのは民意、選挙を無視している

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20100712/plt1007121617011-n2.htm

落選させたい議員→輿石東、千葉景子
千葉景子に関しては、いくつかの保守派の市民団体が横浜などで、
デモや街宣をしています。
その人たちの努力と神奈川県民の良心が実り、落選に繋がったのです。

こんな人物が法務大臣などとは到底許せないわけです。
千葉景子 以下参照

*1999年8月5日、日の丸・君が代を国旗・国歌とする法律(国旗及び国歌に
関する法律)について反対票を投じた。

*2006年4月26日、『共謀罪に反対する超党派国会議員と市民の緊急院内集会』
の呼びかけ人の一人となる。

*2008年4月16日に開催された民団の外国人参政権推進集会に賛同。

*1989年、「在日韓国人政治犯釈放の要望書」に署名する

*2004年4月7日、入国管理局の不法滞在外国人通報システムを批判した。

*2006年3月27日、出入国・在留管理を強化し、テロリストや不法入国などの
ブラックリストに符合した外国人を直ちに強制退去させる出入国管理及び
難民認定法の一部を改正する法律案に反対。

*2007年8月、法務省入国管理局が退去強制命令を下した1997年に観光ビザで
来日し、神奈川県川崎区に不法滞在していた韓国人の家族に対して、
撤回を求める働きかけを精力的に行う。

*2007年10月30日、テロ防止のため入国・再入国のたびに、指紋と顔情報の
提供を義務づける「日本版US-VISIT」に反対

*2009年3月17日、参議院法務委員会において、他人名義のパスポートにより
日本に不法入国した家族に対して、強制送還をせずに、一家全員を日本に
在留させる特別措置をするように求めた。

*2009年10月9日、最高裁判所から中国残留孤児と血縁関係がないと判断され、
大阪入国管理局から国外退去を命じられていた姉妹に対して、法務大臣の権限で
在留特別許可を認めた。

*2009年11月27日、閣議後会見で、慰安婦への補償や、永住外国人への
地方参政権付与を求める市民集会に祝電を送った。

*1999年1月27日、全国フェミニスト議員連盟などが主催する『夫婦別姓選択制
と婚外子差別撤廃の実現に向けて市民と国会議員の集い』に参加。

*横須賀港の原子力空母の母港化に反対し、厚木基地のNLPは硫黄島に移転させる」
「政府から独立した人権擁護機関を都道府県毎に設置する」「外国籍県民と共生
できる社会」などを公約。(Wikipedia より)


さらに↓
千葉景子がごり押しした国籍法で起きている犯罪

正に外国人(中国人、朝鮮人)の為にだけ働いている議員です。
千葉景子も民主党も日本人の為には働きません。
大臣はおろか、議員も辞職するのが望ましいのです。
[PR]

by kkagayaki | 2010-07-13 04:28 | 政治に関する独り言
2010年 07月 12日

一番を目指す意味

蓮ほうさんへ

忙しくてワールド・カップの決勝戦はみられなかったでしょうけれど、

あなたに言いたいことがあります。

あなたは「二番じゃ駄目なんですか?」と言いました。

駄目なんです!

負けたオランダのスナイデル選手の涙を見ました。

結果は準優勝でした。誇っていいと思います。
オランダ国民は「よくやった!」と言ってくれることでしょう!

だけどね、一番を目指して戦っていったんだから
今は悔しいだけなんですよ。


二番じゃ駄目、二番じゃ悔しいから

また一番になりたいから
強くなりたいと思うから
また努力しよう、次を目指すんです!


一番を目指すから、いい試合が生まれるんです。
サッカーだけではなく、これはすべてにつながることなんです。

そのことを理解できない人に、
仕訳をする資格はないと思います。

[PR]

by kkagayaki | 2010-07-12 07:00 | 政治に関する独り言
2010年 06月 23日

民主党の中身を知っていますか?

a0078986_16381713.jpg


選挙は人気投票ではないのですから、
政党を選ぶのならその政党の中身も知らなければならない、
一番大切なその党の政策をしっかりとチェックしなくてはならない。
更に立候補者のパンフレットを見るだけではなく、
立候補者の履歴、考え方も見て行かなくてはならない。

このようなことをすべて調べた上で、
野党時代からの民主党は危険であると訴えているのです。

さて、皆さんに質問します。
共産党と社民党についてどう思いますか?

パンフレットや街宣で訴えていることだけを見れば、働いている国民の味方であり、
所謂弱者の味方、子どもでも思う、戦争反対、平和が一番を訴えている党でもあります。

しかし、両党ともに支持者は少ないですよね。

共産党は社会主義(共産主義)を目指し、天皇制(これは共産党用語)は絶対反対です。
社民党は北朝鮮労働党と友好関係を結び、拉致はなかったと言い続けた党です。
(旧社会がそうです)
党の中身がわかるから支持者が少ないのです。選んでいる人は確信的社会主義者や
それこそ騙されて活動に参加させられている人達だと思います。
両党ともに沖縄から全面的に米軍を撤退させる、自衛隊もいらない。
じゃぁ、国防はどうするの?→中国からが本音です。

民主党の恐ろしさは、共産党、社民党思想の議員が多いところです。
テレビも新聞もこれを
報道することはありません。
第二自民党、自民党よりましな保守の皮を被った共産主義者の
集まりなのです。

日本の危機を知った人たちは、昔から自民党(保守)支持者もいれば
消極的支持者もいる。さまざまです。
要するに日本を守ってくれる、日本人を優先して政策(当たり前だと思いますが)を実行してくれる党、議員であればいいわけです。

もし、民主党のような闇法案が政策であり、政治もめちゃくちゃであれば
その党を支持することはありません。
非常に単純な話です。


経済政策も勿論重要です。失敗もあれば成功もある。
しかし、国が日本人以外の人に乗っ取られたら
経済で悩むも何もないわけです。

戦後の左翼的教育のおかげで「日本人は戦争の時に悪いことをした。それに比べて、近隣の侵略された国の人達はいい人たちだ。」簡単に言えば、この思想が日本人の心に深く入り込んでいるので、「朝鮮人が、中国人が」と言ってもピンとこない。「そんな悪いことをする人たちであるはずがない。悪いのはすべて日本人だ。」
と思っているのです。だから、この両国を批判すれば人種差別だとか、単に誹謗中傷だと責めるわけです。

日本のマスコミ(テレビ)報道がおかしいと気づいた人たちは(私も含めて)
インターネットから情報を仕入れる一方。大東亜戦争、敗戦、アメリカ軍の日本占領、東京裁判、などを本を通して知ることになります。そして、そこから明治時代と近代史も、学ぶことになります。
そこで、学校で教えてもらったことやテレビで言っていること、近隣諸国の謝罪と賠償を求めるの声が実は捏造であると知り、目覚めて行くわけです。私はかなり遅れてしまいましたが。
私は朝鮮や中国に関しては、好きか嫌いかと言えば、嫌いな方に入るか、または無関心派でした。
ですから知りたくなくても、今の半島、中国、さらに併合時代のこと、日本にかかわる歴史書も読み続けました。

普通は知れば、「こんないいところもあったのか」と思うはずですが、この両国に関しては、知れば知るほど嫌いになるしかありませんでした。嫌いぐらいならまだいい方で、恐ろしいのです。

このあたりは長くなりますからこのへんでやめますが、今までの謎が目から鱗が落ちるように
解けて行きました。
だから、民主党の議員構成を見ただけで「これは、日本潰しだ」とわかるわけです。

今気づいた人たちも覚醒し始めると次から次へとなぞ解きの作業をしていくのですが、
今度の選挙までには間に合うわけもないので、せめてその党の中身を知ってから
投票してほしいのです。

闇法案以外の数々のバラマキ政策にまで日本人より外国人優遇が見て取れます。
管総理大臣は「強い社会保障を」と言っていますが、それを進めれば進めるほど、
外国人が日本に押し寄せてくるのですよ。
「日本に行けば働かなくても食べていける。」今でもそうですね。
貧しい外国人にとっては日本ほど暮らしやすい国はないのです。

決して、被害妄想で言っているのではなく、事実なのです。

民主党の議員の多くが帰化人である。
議員秘書や議員事務所にも朝鮮人が数多くいます。
党員もサポーターも外国人でも可。
党代表を選ぶことが出来る。
与党なので総理大臣を外国人が選べるわけです。

民主党の選挙運動を韓国民団もしています。
民主党は外国人参政権を民団に公約(赤松が発言)しています。
小沢は韓国に行って大統領に外国人参政権を約束しています。

民主党の基本政策の第一は「外国人参政権付与」です。悲願だそうです。

鳩山も管も東アジア共同体実現に熱心です。
闇法案の数々は日本人の為ではなく、日本に住んでいる外国人の為のものです。

民主党の言う「国民の為の生活が第一」は
日本国民の為のものではないことが分かると思います。

今後も民主党が政権与党であって欲しいということは→
日本が日本人の為ではなくなっていくことを応援することと同じです。


このことを知った上での民主党支持なのでしょうか?

日本人が住みにくくなっていく日本でいいのですか?

私は日本を守っていこうと言う党に投票します。
日本を外国人の為の国にしようと宣言しているに等しい党には投票しません。
[PR]

by kkagayaki | 2010-06-23 16:39 | 政治に関する独り言