猫多摩散歩日記

kkagayaki.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:マスコミ( 6 )


2009年 12月 02日

マスコミが幸福感を蝕む

マスコミが幸福感を蝕む - 岡田克敏
2009年12月01日17時50分 / 提供:アゴラ
http://news.livedoor.com/article/detail/4481136/

 温暖な気候と四季の変化に恵まれた自然条件、犯罪の少ない安全な社会、
世界の中では高水準の所得や医療体制、トップレベルの平均寿命、
これらは日本の特色と言えるでしょう。(悪質な外国人が増加していることにより
悪い方向に変わりつつありますよ)
国連開発計画(UNDP)が発表した国民の豊かさを示す指標では、
09年日本は8位から10位になったものの、まだまだ上位にランクされています。 
イザヤ・ベンダサンは「日本人は水と安全はタダだと思っている」と言いましたが、
これは世界における日本の恵まれた状況を表しています。灼熱や酷寒の国、
生命が危険にさらされている国、世界には厳しい条件の国がいっぱいあります。

 ところがOECDのFactbook2009によると、
日本人の主観的幸福度は34カ国中、下から9番目という低さです。
ヨーロッパ諸国が上位を占めるのはわかりますが、
日本はロシア、韓国、ブラジルにも及びません。また別の調査もあります。

 「33カ国の人に、自分の国の評判はいいと思うか、
と自己採点してもらった。すると困った日本。最下位である。
ロシアも中国も南アもみんな上だ」。

 これは10月9日の毎日新聞「発信箱」の
米レピュテーション・インスティテュート社の調査を紹介した
福本容子氏の記事です。記事中の「自分の国の評判はいいと思うか」
というのは他国から見た評判と誤解しそうな表現ですが、
自己採点とあるので、
日本人は日本国をもっとも低く評価しているという意味だと思われます。

 これらの調査結果は、日本は主観的幸福度も、
国に対する評価もたいへん低いということを示しています。
この両者は密接に関係していると考えられます。

 国民の豊かさを示す客観的な豊かさの指標と主観的な幸福度
・国に対する評価になぜこんなに大差があるのか、実に不思議です。
主観的な幸福度は言語の差もあって、
所得統計などに比べると客観性に劣りますが、
それでもこの大差は注目に値します。

 日本の経済が低迷する一方、貧困率が高くなり、
閉塞感が社会を覆っている。腹黒い官僚や大企業が甘い汁を吸い、
正直な一般国民は割りを食わされている。
こんなイメージが広く浸透しているのではないでしょうか。
 

多分、十数年前の国による国民生活調査だったと思いますが、
国民の幸福感は景気の悪いときに上昇し、
逆に景気の良いときに下がるという結果が出ていました。これは景気の悪いときには暗い話が多く報道されるために、自分の境遇が
比較的恵まれたものに感じられることから説明できると思います。
他人の不幸は蜜の味というわけです。
景気の良いときは逆のことが起こると考えられます。

 幸福感は絶対的な生活水準によって決まる部分もありますが、
相対的に決まる部分が大きいと思われます。
自分自身の過去との比較、周囲の人間との比較、
他国との比較によって規定されるわけです。
それに加え、我々がどんな国、どんな社会に住んでいるかという
認識も大きい要素だと思われます。

 我々が社会の状況を直接認識している部分は僅かで、
大部分はマスコミ報道を通じた認識です。
つまり我々が認識しているものの大部分はマスコミが制作したイメージです。
例えば治安の問題では、犯罪が大きく減少しているにもかかわらず、
(ここは異議あり。日本人の犯罪は減っていても外国人の犯罪は増加している)
そのような報道はほとんどされません(関連拙記事)。

 教育や福祉の問題では、常に引き合いに出されるのは
フィンランドやスウェーデンといった最上位の国々であり、
日本の「惨めな」状況が語られます。
不幸の多くは国の施策の問題とされますが、
そこではこれらの国の国民負担率が
70%前後であることはあまり触れられません。
 

食品偽装が問題となったとき、不安を煽る過熱報道が続き
「いったい何を食べたらよいのでしょうか」といった
食への不安が国全体を覆いました。
ところが実際のリスクは交通事故などに比べると遥かに小さいものであり、
海外では日本の食品は高価でも買われているように
高い安全性が認められています。
(一方中国の餃子事件に見られる出来事には
余り騒がないどころか、擁護しましたよ)
 

政府や企業に対する非難を繰り返し聞かされる読者は
政治や社会に対する信頼性を徐々に失います。
それは国に対する低評価の要因となることでしょう。

 すべてとは言いませんが、
客観的な条件に比べ幸福感が異常に低い大きな理由は
マスコミの姿勢にあると考えられます。自民党は選挙で大敗を喫しましたが、
敗因のひとつはマスコミが長年ばら撒いてきた不満の種が
ついに結実した結果であると考えることができます。

(敗因の一つどころではない、まさに狙い撃ちである。
民主党政権に関しては正当な批判さえしないどころか、隠ぺい、擁護)

 先に紹介した毎日新聞の記事には「(日本が最下位なのは)
日本の新聞が悪い事ばっかり書いてるせいか。(中略) 悪い悪い病に益なし。
復元の自信も勇気もまひさせる。
もういいとこ目覚めましょ」と「自己批判」しています。
でも福本氏のような人はごく少数で、
大勢は「悪い悪い」と報道することが使命と心得ているようです。

 あたりまえのことですが、
幸福感を高めることは最大の目標のひとつと言ってもよいでしょう。
経済の豊かさが一定水準あるとき、
幸福感の重要度は言うまでもないと思います。「悪い悪い」と言い続け、
幸福感をひたすら下げる仕事は、
すなわち国民を不幸に陥れる仕事であり、
まことに罪深いことと言わねばなりません。
(そんなにひどい国にどうして不法滞在してまで悪質な外国人が居座るのか?)

 マスコミは幸福度が低いことをまともに取り上げることすらしませんが、
自らの報道のひとつの結果として、真面目に受け止めるべきでしょう。

 是は是として褒めることも必要です。
非を指弾するばかりでは「坂の上の雲」はどこにも見えず、
暗い日本の未来が見えるばかりです。


()は私の意見です。日本を悪い、悪いと言い続ければ
国に誇りを持つこともできない。
そのような国民を作り、逆に近隣諸国を讃美し続けている
民放、NHKの罪は大きい。
[PR]

by kkagayaki | 2009-12-02 23:19 | マスコミ
2009年 10月 26日

姑息でレベルの低いテレビ



本日待ちに待った臨時国会で鳩山首相の「所信表明演説」があったが、
民主党応援団のテレビ局が特集を組むどころか、

芸能人の初公判を特集していた。

現在のテレビのレベルがよく出ているではないか。

テレビでは取り上げない問題発言や政策についても問題が大ありで、
野党自民党の追及がやっと始まるのに、公共放送局であるNHKも
国会中継の生放送の予定は明日以降ない。

選挙前の党首討論も全放送局が生放送を拒否。

やっと国会が始まったと思ったら、国会よりも芸能人の初公判を特集扱いで取り上げる。

これから国会で論争が始まれば、また都合のいいように編集して、ワイド・ショーしか
理解出来ない有権者を洗脳するのだろう。

民主主義を装った共産主義国家そのものだ。

[PR]

by kkagayaki | 2009-10-26 23:36 | マスコミ
2009年 10月 21日

マスコミを信じてる国 ランキング

世界各国における組織・制度への信頼度

マスコミを信用してる国民の割合

日本     70.2%

フィリピン  69.5%
韓国     64.9%
中国     64.3%
ナイジェリア 62.8%
インド    59.7%

オランダ   55.7%
スウェーデン 46.2%
カナダ    35.7%
ドイツ    35.6%
フランス   35.2%
イタリア   34.4%
イラン    31.5%
ロシア    29.4%
アメリカ   26.3%
イギリス   14.7%


何か、わかりますね。(笑)
捏造、偏向マスゴミを信じているわけですね。
特にテレビはもう信じない方がいいです。
まともな外国人が日本に来てまるで中国のテレビの報道を見てるみたい。
って言ってますよ。


おやすみなさい!

a0078986_2311162.jpg

[PR]

by kkagayaki | 2009-10-21 23:16 | マスコミ
2009年 08月 30日

個人も国家も自殺する

個人も国家も自殺する


a0078986_2263148.jpg

[PR]

by kkagayaki | 2009-08-30 22:06 | マスコミ
2009年 08月 20日

公職選挙法違反?

公職選挙法↓これって、公職選挙法の趣旨的には大丈夫なのでしょうか?

フジテレビ ドラマ「CHANGE ~日本を変えるのは、あなたかもしれない。~ 」
ttp://www.fujitv.co.jp/change/index.html

読売「鳩山代表「チェンジを」…6党首公開討論<2>」
ttp://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin2009/news2/20090818-OYT1T00052.htm

産経「【党首討論詳報】(1)麻生首相「経済必ず回復させる」、鳩山氏「チェンジで日本よみがえらせたい」 (1/3ページ)」
ttp://sankei.jp.msn.com/politics/election/090817/elc0908171354006-n1.htm

8月18日(火) 衆議院議員選挙公示
8月19日(水) フジテレビ 15:30~16:53 CHANGE(再)#01『小学校教諭が福岡補選に立候補!?』出演 木村拓哉 ほか
8月20日(木) フジテレビ 15:57~16:53 CHANGE(再)#02『国会王子、誕生!?』出演 木村拓哉 ほか
8月21日(金) フジテレビ 15:57~16:53 CHANGE(再)#03『国民目線で圧勝。史上最年少総理誕生!』出演 木村拓哉 ほか
8月24日(月) フジテレビ 15:57~16:53 CHANGE(再)#04『朝倉内閣の構成に話題集中。』出演 木村拓哉 ほか
8月25日(火) フジテレビ 15:57~16:53 CHANGE(再)#05『日米構造協議が暗礁に!?』出演 木村拓哉 ほか
8月26日(水) フジテレビ 15:57~16:53 CHANGE(再)#06『補正予算案で朝倉内閣と与党が対立!?』出演 木村拓哉 ほか
8月27日(火) フジテレビ 15:57~16:53 CHANGE(再)#07『衝撃の結末!!消えた総理』出演 木村拓哉 ほか
8月28日(水) フジテレビ 15:57~16:53 CHANGE(再)#08『別れ。そして逆襲』出演 木村拓哉 ほか
8月30日(日) 衆議院議員選挙投開票

フジテレビ週間番組表
ttp://www.fujitv.co.jp/bangumi/index.html
一愛読者 | URL | 2009年08月19日(Wed)19:15 [EDIT]
[PR]

by kkagayaki | 2009-08-20 08:45 | マスコミ
2009年 08月 15日

テレビが絶対言わないこと B層って誰のこと?

NOと言える日本人より

(その1)「B層」って誰のこと?
皆さん、B層と言う言葉をご存じですか?  
おそらくほとんどの人が知らないと思います。
でもインターネットの世界ではわりと有名な言葉なんですよ。
実は小泉首相の郵政民営化とおおいに関係がある言葉なんです。
竹中郵政民営化担当大臣は、郵政民営化の世論をつくるためにある
広告会社と契約を結んでいます。それは妻が社長をしている
自分の個人事務所との関係が取り沙汰されている広告会社で、
わずか1年前にできたばかりの実績の乏しい会社であるにもかかわ
らず、随意契約(つまり競争入札無し!)で政府広報室から1億5千万円もの
巨額の契約金が支払われているのです。

その広告会社が竹中大臣の指示に基づいて練り上げた企画書の中に
この有名になった「B層」と言う言葉が出てくるのです。
彼らは皆さん方国民を以下の4つのグループに分類したのです。

A層…勝ち組企業や、大学教授、マスコミ、都市部のサラリーマンなどの知能指数の高い人々
B層…小泉内閣の支持基盤である主婦や子供を中心とした層やシルバー世代(老人)で、
具体的なことはわからないが、小泉総理や閣僚のキャラクターを支持する知能指数の比較的低い
(…と企画書に実際に書かれているのです。)層
…そうです、
テレビからのたれ流しの情報を朝から晩まで浴び続けているあなたのことかもしれません。

C層…知能指数の高い層だが、小泉内閣の方針に反対する守旧派
残りの層(この人たちには分類名もつけられていません)…失業やリストラなどの痛みを味わい、
小泉内閣の改革に恐怖を覚えている層、そうです「負け組」に追いやられてしまった人々です。
お断りしておきますが、A層が本当に知能指数が高く、B層が低いかはわかりませんが、
竹中大臣とその広告会社はそう考えているようです。

そして、B層の人たちは年金問題や税金の無駄遣いなど「もっと違うことに力を
入れて欲しい」と考えていると分析までしていますが、そのB層に狙いを定めて
郵政民営化の徹底した教育宣伝を展開することがもっとも効果的だと結論づけて
います。
おそらく、自分の頭で物事を考えずテレビコマーシャルに最も乗せられ
やすいのがB層だと判断したのでしょう。ちなみにかのヒトラーも、「大衆(こ
こでいうB層のことです)は単純なことばしか理解できず、かつ忘れやすい。だ
から短く単純な宣伝文句を繰り返すのが一番効果的なのだ。」
という主旨のこと
を自分の本で述べています。まさに現代のテレビコマーシャルそのものですね。

この企画書の方針をもとに広告業界、マスコミ一体となった大宣伝が開始されたわけです。
竹中大臣とテリー伊藤氏の郵政民営化宣伝対談の新聞折り込みチラシ作戦も
この企画書にそって行われたものでした。
以上は憶測とか噂のたぐいではなく、

その企画書自体が外部に流出してしまったために国会で野党に追及さ
れた事実です。

今ではインターネット上で誰でもその国会でのやりとりや企画書そのものも見ることが可能です。

http://blogs.yahoo.co.jp/neo_seijin/29355677.html

この選挙の時に、管 直人は「愚民」と発言しました。その通りでしたね。
いつもは政治など関心がなく、投票に行かなかった人たちも行きましたね。
自民党は勝ちすぎましたが、民主党もマスコミ(テレビ)も学んだのでしょう。

政権交代、政権交代と言えばいいと。
そして、今テレビで多く取り上げられるキャッチ・フレーズ
「こども手当」藁
[PR]

by kkagayaki | 2009-08-15 00:32 | マスコミ