猫多摩散歩日記

kkagayaki.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2010年 03月 28日

金柑

a0078986_16354930.jpg

暖かい!暖かい!
[PR]

by kkagayaki | 2010-03-28 16:35 | その他
2010年 03月 28日

金柑

a0078986_1291056.gif



早く治りますように!

熱は下がったけれど、喉の痛みと咳は止まらず、そのため余り眠れず。薬だけに頼らず、金柑の甘露煮でも作りましょうかね。今日も寒そう。




a0078986_1291072.gif

[PR]

by kkagayaki | 2010-03-28 12:09 | 健康 ダイエット
2010年 03月 25日

もうすぐ春だと言うのに

風邪が治らず、病院に行ったのにもかかわらず、
その日の夕方から38度を超す熱に悩まされて、
寝込んでおります。(病院へ行けないほど)
幸い熱は翌日下がり、(それでも37度8分ぐらいありました)
一時はもしかしたら?なんて考えましたが、
(猫ボラをしていた時の代表の方は62歳ぐらいで、風邪から肺炎になり、
あっという間に亡くなってしまったことを思い出してしまいまして)

今朝は36度2分ぐらいで平熱。まあ、病院へはまた行きますが。

平熱が元々低いんです。事故で入院していた頃に、熱い熱いと言って
いつも氷枕を持ってきてもらっていたのですが、その時でさえ37.4度ぐらいでした。
私にとって38度って途方もない高熱なんですよね。いやぁ、熱かったです。
春はまだまだ遠いのかもしれません。


a0078986_652863.jpg



a0078986_66383.jpg

[PR]

by kkagayaki | 2010-03-25 06:06 | 健康 ダイエット
2010年 03月 23日

ひっそりと

咲いてます。



a0078986_0273477.jpg





a0078986_028695.jpg

[PR]

by kkagayaki | 2010-03-23 00:28 | 植物(花、木々)
2010年 03月 17日

風邪ひきました。

a0078986_11143665.gif

a0078986_11143630.jpg

昨日は暑かったですね

久しぶりにウォーキングをして来ましたが、既に梅の花も散り始め、写真もアップできないほど汚い風景ばかりでした。こちらも気分が優れず、気乗りのしないままに撮ったからでしょうか。アメリカン・アイドルも見る気はしないし、満開の観梅の時期も逸するし(福生は除く)やはりいつもの春とは違います。今は風邪っぽいので一休みしています。何事も体力じゃ。ね、ミーちゃん!
[PR]

by kkagayaki | 2010-03-17 11:14 | その他
2010年 03月 16日

共生は無理、ましてや外国人参政権など・・・・・

a0078986_13111517.jpg


a0078986_1312189.jpg

住人33%が中国人になった埼玉県

「チャイナ団地」現地報告

特集
住人33%が中国人になった
埼玉県「チャイナ団地」現地報告
大小便するな、上からものを落とすな、と団地内に張り紙


埼玉県川口市の芝園団地。全2400世帯のうち、3分の1を中国人世帯が占める。文化・習慣の違いから、当然ながら、さまざまな場面で軋轢が生まれている。外国人との共生というが、きれいごとでは済まない現実がここにある。現場からのレポートである。


「ホラ、あのベランダごらんなさい。洗濯物干しがロープでしょう。中国人の住んでいる部屋だってすぐわかる。もうすぐ春になるとおじさんが上半身裸で、部屋の中やベランダをウロウロするのが見えるよ」

 広場のベンチに座った70代の男性住人は、団地を見渡しながら言う。

「痰や唾を吐くのは中国の空気が乾燥しているからかな、と思っていたら、習慣なんだな。この団地でもよく吐いているよ」

 チャイナタウンといえば、横浜中華街、神戸南京町、長崎新地中華街が有名だが、近ごろ、住人の3分の1が中国人という“チャイナ団地”が、埼玉県南部に出現した。川口市の芝園団地である。

(中略)

ゴミ出しができない

 和気あいあいと日中交流に励む住人がいるその一方、中国人住民に対し、強い違和感を持つ日本人住人はかなり多い。

「もうお互いに理解しようなんて思わないから、ルールだけは守って欲しい。ここは日本なんだから」

そんな突き放した言い方をする住人もいるほどだ。何が起こっているのか。

「まず中国人はゴミ出しができませんね」

 というのは、芝園団地自治会の瀬川剛一会長(80)である。

「日本のマナーに同化しようという中国人は少ない。中国も都市化が進んでいるので、ある程度の社会教育を受けていると思うし、ここの中国人はホワイトカラーが多いのに、マナーを守れないのはどういうことなのでしょうか」

彼らの多くは、分別などお構いなしに、ゴミを捨てる。

「生ゴミでも缶でもビンでも一つにまとめて燃えるゴミとして出してしまう。それを毎日、掃除のおばさん達が袋を開けて仕分けしているんですよ」

こう言うのは、団地に住んで25年の男性住人だ。

「踊り場に置いてあるゴミ箱に生ゴミを捨てちゃうのもいる。“生ゴミを捨てないで”という張り紙があっても捨てる。ゴミ袋の中には中国文字のインスタントラーメンの袋とか、中国食材店で売っている食料品の包み紙とかがあるので彼らが捨てたとわかる。夏場など、ウッとなるほど臭い。勘弁して欲しい」

問題はゴミ分別や置き場所だけではない。

「もっと嫌なのは、自分の部屋の玄関先から廊下のゴミを掃きだすこと。紙屑やホコリに混じって髪の毛なんかが廊下に掃きだしてあると気持ちが悪い」

とは団地内の掃除を担当する女性だが、粗大ゴミでもルールを守らないという。

「使わなくなったソファや椅子、古自転車、冷蔵庫などを粗大ゴミとして市に引き取ってもらう、というルールを守ろうとしません。市に払う310円のシール代金は他の自治体寄りも安いのですが、お金を払ったり、電話をかけて引き取りに来てもらうのjが面倒なんでしょう。粗大ゴミを玄関ホールや各階のフリースペース、非常階段の踊り場などに置き去りにしていきます。私達がそれを回収して川口市に引き取ってもらっていますが、その代金は居住者たちから集めている管理費から出ているのです。日本人居住者が可哀相になってしまいます」

“水がもったいない”

だが、ゴミ問題はそれだけでは終わらない。何と、この団地では空からゴミjが降ってくるのだ。

「彼らはベランダからゴミを投げ捨てるんですよ。人参の切れ端など生ゴミは当たり前。中には子供のオムツを放り投げた奴もいました。下の階で干していた布団に汚物がついたことがありました。もっと酷いのは火のついているタバコを投げ捨てるんです。この前も洗濯物が焦げて問題になりましたよ」(同)

傍若無人な振る舞いだと日本人なら誰もが思うが、彼らにとっては当たり前のことなのだという。

「中国には“白害”という言葉があります。列車の窓から弁当の包み紙や紙コップ、食べ残しなどをポイ捨てして、ゴミが線路沿いにずっと続く状態を表現しています。現在中国では立派なマンションが次々に建てられていますが、居住する彼らは窓からゴミをポイポイ捨てるので、建物の周辺にはビルの形に沿って、四角いゴミの山ができているほどです」(中国問題専門家)

日本人には何とも理解し難い行為だが、さらに信じられないことがある。

「辺り構わず痰や唾などをペッペッと吐くなんてまだ序の口、エレベーターの中や踊り場でオシッコをするんですよ。催すと、家に戻らず、そこらでしちゃうんでしょうね。よくエレベーターの床に水たまりができています」(団地の関係者)

団地内の公園には噴水があったが、しばしば彼らが立ち小便するからと撤去されてしまったという。日本人も、だいぶ少なくなったとはいえ、今でも立ち小便をしないわけではない。しかし、日本人は団地の踊り場や階段で大便をしたりはしない。ところが、この団地では日常的に大便が発見されているのである。

「毎朝のように水で流して掃除をしていますよ。ホームレスが犯人だという人もいますが、誰が13階や14階まであがってやりますか」

とは先の掃除担当者だが、30代の男性住人は言う。

「ある時、日本人のおばさんが、中国人女性が階段で用を足している所を見つけた。注意すると、こう言われたそうです。“トイレで流す水がもったいない”」

聞いた人は人は二の句が継げなかったというが、

「日本に来ている中国人でキチンと礼儀を知っているのは少数派。多くの中国人は痰や唾を吐き捨てることを悪いとは思っていません。誰も見ていなければ、植え込みにだってウンチをするでしょう。それが中国式なのですから。そんな連中に注意しても無駄ですよ。うるさいと思えば“日本語がわからない”と開き直ってしまいます。とくに集団になると仲間意識が働いて、ますます中国式にこだわるようになります」

というのは、07年、中国から日本に帰化した石平氏。

ここの中国人には、郷に入っては郷に従えという考えはないようである。実際、彼らは団地の自治会にも入ろうとしない。

「中国人で年間3,000円の自治会費を払っているのは、800世帯のうち1世帯だけですよ。この人はIT関連会社のお偉いさんです。ああいう中国人ばかりだといいのですが、他の中国人は、“3,000円払って何のメリットがあるのか”と平気で断ります」(瀬川会長)

勝手といえば、騒音問題も深刻である。


まるで異国?! 定住化進む池袋チャイナタウン
3月14日23時6分配信 産経新聞


 地方参政権を付与する法案を契機に注目される永住外国人。その数は年々増加し、全国各地に外国人が大勢集まって住む街がある。中でも東京都豊島区の池袋駅周辺で急成長する“チャイナタウン”と新宿区の大久保駅周辺に広がる“コリアンタウン”は象徴的な存在だ。2つの街を歩くと、彼らの定住志向とそれに伴う課題が浮かび上がる。

  200軒以上の中国系店舗がひしめく池袋駅周辺。中華料理店、不動産会社、携帯電話店、カラオケ店…。一帯を歩くと聞こえてくる言葉には中国語が目立つ。一瞬にして、異国の空間に飛び込んだようだ。

 平成15年ごろまでは違法風俗店が乱立し、治安が悪化していた。警視庁が地元と協力して取り締まりを強化し、徐々に落ち着きを取り戻した。街角には中国語で「客引き禁止」と書かれた当時の看板が残る。

 池袋で中国語新聞を発行する「日本新華僑通信社」の蒋豊編集長(50)によると、池袋の中国人は1978(昭和53)年以降の改革開放路線により80年代から増えたという。蒋さんは「日本は住みやすく治安がいい。80年代に来日した中国人が生活基盤を築き、彼らを頼って親族や知人が次々と来日している。その結果、定住化、永住化が進んだ」と話す。

 法務省によると、全国の外国人登録者は平成20年末時点で約221万人と総人口の1.74%。このうち在留期限や就労に制限のない永住資格を持つ「一般永住者」は49万2056人と50万人に迫る。かつては在日韓国・朝鮮人の「特別永住者」(約42万人)が最多だったが、一般永住者は過去10年間で5倍になる勢いで急増しており=グラフ参照、19年に特別永住者を初めて上回った。

 一方の大久保駅周辺。韓国系の店が多いこの地域ではごみ出しルールなどマナー違反が問題化している。ごみ集積所に掲げられた収集日の案内板は日本語のほか韓国語、中国語、英語で表示されていた。新宿清掃事務所は「マンションの集積所にも同じ案内板の設置を求める声が多数寄せられている。管理人さんも苦労している」と話す。

 こうした中、数年前には、池袋駅の半径500メートルを中華街と呼ぶ「池袋チャイナタウン構想」が中国人側から提案された。しかし、マナー違反などをめぐり日本人住民との関係は良好とはいえず、「時期尚早」と保留になった。同様の構想は仙台市でも中国の投資ファンドにより提案されたが、「街にふさわしくない」「治安が悪化する」といった声が上がり頓挫している。

 池袋の中華街構想の協議に参加した「池袋西口駅前名店街」の三宅満会長(64)は「実際に会って話すと、彼らは礼儀正しく好感が持てる。しかし、治安面での不安はぬぐえない」と微妙な心情を吐露した。



民主党が画策している外国人参政権付与法案は、
このような最近になって急増している
支那人が中心の「一般永住者」にも
参政権を付与しようとする法案だから恐ろしい。



このブログを訪れる人達は、日本人でも恵まれた環境、
一軒家に住み、最近のように日本が好きでも文化を理解している
わけでもなく、単に出稼ぎ、または犯罪の為にだけ日本に来ているような
昔の外人ではなく、外国人を見たことがないか、それほど身近に多くいない場所に
住んでいるのでしょう。
だから、危機感もないのではないかと思います。
私の経験談↓
5年前まで人気のある市の、これも人気があり競争率が高かった団地に住んでいたが、
近隣にテレビでも話題になった高層マンションが建ち、近隣の家賃もそれに合わせた形で
高騰し、住めなくなった人達が同じ家賃ならマンションでなどとどんどん出て行きました。
結果、人気のあった団地は空き家が目立ち始めました。独立行政法人がとった対策は、
大量に(まさに一斉にです)中国人、朝鮮人が入居してきました。我が家の上にも。
それから、地獄が始まりました。毎日の騒音(夜中の2時3時に窓を開けて大声で話す)
歩く時も(どうしてあんなに音を出せるのかと言うほどの音)、ベランダで布団を干していたら生ゴミが落ちてきて、本当に驚きました。彼らは最初は少人数、それからどんどん入居者が増えて行くのが特徴。近くの公園はどこの国かと思えるほどのあちら語のアラシ。
当然苦情が多くありましたが、自治会は何故か遠慮がち。注意もしたのか、しても効き目がなかったのか。全く変わりませんでした。
我慢して住んでいるか、出て行くしか選択肢はありませんでした。
この公団は入居条件も厳しいし、一定の収入以上の人しか入れないので、巷で見かける更に貧しそうな外国人よりはましな方なのに、ルールが守られません。最近、前の団地に行くことは少なくなりましたが、いずれこの「芝園団地」みたいになっていくことでしょう。子ども手当支給で更に外国人が増え、日本人が追われて行く日はそう遠くないように思います。今は集合住宅の問題であったことが普通の住宅地でも起こると思います。

今のうちに、日本を解体し、日本人を滅亡させ、このような民族に支配してもらおうと画策している狂気の民主党を打倒しない限り取り返しがつかない自体になることでしょう。

日本の国は日本人のものなのです。まずは日本人が住みやすい国にしてもらいたいのです。
この記事を見て、経験しているだけに心底恐ろしくなりました。

[PR]

by kkagayaki | 2010-03-16 13:17 | テレビなどが伝えない出来事
2010年 03月 15日

まだまだ頑張る河津桜

寒さにも
雪の重みにも耐え、
柔らかい日差しを受けても
今日の夕方からまた雨、
本降りとか。

これから咲こうとする蕾がこんなに、
負けてはいられないよね。
咲くときも、散るときも
潔い、人間なんて
ちっぽけなものだね。
来年もまた次の年もまた次の年も
咲き続けられるように
この国を守っていかなくてはね、
それは、決して特別なことでは
ない、当たり前のことだから。


a0078986_13483626.jpg


a0078986_1349869.jpg


a0078986_1349385.jpg


a0078986_1350714.jpg

[PR]

by kkagayaki | 2010-03-15 13:50 | 植物(花、木々)
2010年 03月 15日

いつもと違う春が来る

a0078986_0225228.jpg




a0078986_010987.jpg




a0078986_0121128.jpg




a0078986_0133229.jpg

[PR]

by kkagayaki | 2010-03-15 00:14 | 植物(花、木々)
2010年 03月 14日

天下の愚策「子ども手当」年金積立金にも手をつけるか?

日本の底力
より
【日本破滅のグランドデザイン】

民主党が「子供手当」法案で質疑打切り

衆院で強行採決!

今後は「偽装子ども手当」で大儲けの時代


財源不足で、年金積立120兆が

切り崩される可能性も


こりゃ国家版デスノートだ。
日本経済破綻するぞ。


問題噴出の「子ども手当」法案が衆院で
12日、聞く耳持たぬ民主により強行に採択された。

FTKST Magazineより。


「子ども手当」法案では、来年度、子供一人当たり月額1万3000円を各家庭に支給するとしている。法案は当初、昼ごろに採決される予定だったが、自民党の抵抗により大幅に遅れた。採決では、自民党の議員が委員長席に詰め寄る場面もあった。(日テレ)
天下の愚策www


この報道では「1.3万支給」という善を
自民が邪魔しているだけのようだが、


実際に、

自民党の田村憲久議員が危険だ!!と叫んだ

その危険な実態を国民に

知らせなくてもいいのかよ。
(いいわけあるかよwこれぞ全体主義の狂気)

日本国籍欲しさに「偽装結婚」が

只でさえ横行しているのに、

何でザルなんだよ。 w

だから民主はカスだと。

日本経済崩壊の根源なんだよと。

NHKのニュースも
子ども手当法案 委員会で可決

平成22年度に子ども手当を支給する法案は、12日に開かれた衆議院厚生労働委員会で採決が行われ、与党と公明党、共産党の賛成多数で可決されました。政府・与党は、この法案を来週16日に衆議院本会議で可決し、参議院に送る方針です。

この法案は、平成22年度に中学生以下の子ども1人当たり月額1万3000円の子ども手当を支給するもので、法案が成立すれば、ことし6月に初めて支給が行われる予定です。
法案は、与党と公明党による修正協議が行われた結果、付則に児童養護施設に入所しているなど手当の支給の対象になっていない子どもへの支援や、平成23年度以降、子育て支援に関する全般的な施策の拡充を検討するという内容を新たに盛り込む修正が行われました。
そして、12日に開かれた衆議院厚生労働委員会で法案の審議が行われ、自民党が「まだ審議の途中だ」などとして審議の続行を求めるなか、民主党が採決を求める緊急動議を提出して可決され、審議が打ち切られました。
このあと、法案の採決が行われ、与党の民主党と社民党、野党の公明党と共産党が賛成し、法案は可決されました。
自民党の委員は、委員長席に詰め寄るなどして採決に抗議し、みんなの党も法案に反対しました。
政府・与党は、この法案を来週16日に衆議院本会議で可決し、参議院に送る方針です。


なぜ、自民党が審議の続行を求めたのか?

なぜ、自民党の委員は、委員長席に詰め寄るなどして採決に抗議したのか?

この子供手当に関しては、この部分がとても重要なのだが、NHKの報道では全く説明しなかった。


私は12日は急いで帰宅し、NHKの夜7時からの「NHKニュース7」と夜9時からの「ニュースウオッチ9」 と夜11時半からの「きょうのニュース&スポーツ 」を見たが、いずれのニュースにおいても何故自民党は審議の続行を求めて委員長席に詰め寄るなどして採決に抗議したのかNHKは一切をしなかった。

NHKは、民主党出身の議長が自民党の田村憲久議員の質問を打ち切って強行採決したシーンや、委員会の後に自民党の大村秀章議員が興奮して怒っている様子は映していたが、なぜ彼らが審議の続行を強く求め、強行採決に強く抗議していたかは全く説明しなかった。

この子供手当法案は、費用対効果が全く検証されていない点や財源がない点、更には日本に居る外国人の外国に居る子供たちの分まで申告通りに支給する点が大問題となっている。

特に後者は非常に問題があり、例えば外国に3人の実子と47人の養子と50人の生計を一にする子供を持つ米国人牧師が日本に布教活動に来ている場合、合計100人分(彼の実子・養子・生計を一にする子供の合計人数)の子供手当(月130万円=年1,560万円)が支給される。

あと、これは自民党議員もあまり言っていないようだが、支那人や朝鮮人などはいくらでも証明書類を偽造して支那や朝鮮に居る子供(実子・養子・生計を一にする子供)の人数を増やすだろう。

そうなると、日本は忽ち破綻する。

一方で、日本に多くの子供を残して海外に赴任している日本人には子供手当は支給されない。

子供手当法案はこれらの点で非常に問題があるのだが、NHKは衆議院厚生労働委員会で強行採決された12日に、これら重要ポイントを全く説明しなかった。

これは非常に恐ろしいことであり、納税者である視聴者には許し難いことだ。

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3774.html

あのTBSや報道ステーションは意外にもとりあげたようですが。

■動画
子供手当法案強行採決
http://www.youtube.com/watch?v=-uvwyfcLAso

(最後の方)

田村
「『(選挙のために)配ることが目的だから目標も検証も要らない』というならば、はっきりそう答えてください、項目無いなら無いでいいですから」

長妻
「13000円支給した『後で』それがどう使われたかを具体的に検証していく」

委員長「田村君、終ってください。ナカネヤスヒロ君」

ナカネ「 」(聞き取れない)

田村「それはおかしいんですよ、大臣それは非常におかしいんです。答えになってないんです」

委員長「只今のナカネヤスヒロ君の同議に賛成の諸君は」

田村「何を仰られているのか分からない、いいですか、必要なものは」

委員長「起立をねがいます」(賛成者起立)

田村「なんですかこれ!私はまだ質問してて大臣の答えがないんですよ!」

委員長「賛成多数。拠って同議を終えることを決定いたします」

田村「それをなぜ採決をするんですか!貴方がたこんな事をして、ほんとにこんなことをやっていいんですか!貴方がた責任を取れるんですか!」

委員長「採決をいたします。本日提出の修正案について、賛成の諸君の起立を求めます」

田村「なんだ!なんだ!なんだこれは貴方がた」

委員長「起立多数をもってそのように決しました」

田村「効果の検証もされないままで進んでくんですか!?」

委員長「次に修正案を除く原案について」

田村「こんなことが!こんなことが進められていいんですか!」

委員長「原案について採決を行います」

委員長「賛成の諸君の起立を願います」

田村「わたくしは看過できない!なんですか貴方がたは!」

委員長「起立多数。よってそのように決しました」

田村「まだ質問してる最中じゃないですか!これが民主主義の議会のやることですか!」


委員長「次に本件の委員会の報告について委員長に御一任頂きますよう採決を求めます」

田村「これは○○、採決じゃないですよ!

委員長「起立多数」

田村「何ですk…意味が分からない!」

委員長「よってそのように決しました」

田村「こんな事をやって貴方がた、結果的にはこんな事をやれば貴方がたが」

委員長「次回は○○を以ってお知らせすることとし、」
田村「最後には貴方がたが国民の皆さんから評価されるんですよ!?」

委員長「これにて散会致します」
田村「一体なんなんですか!」(映像終わり

[PR]

by kkagayaki | 2010-03-14 10:19 | テレビなどが伝えない出来事
2010年 03月 13日

民主党は「こども手当」で新固定票獲得!

「こども手当」法案が可決された。

「こども手当法案強行採決」
動画があります。↑
そのニュースが流れた時に家族で万歳をする対象家族の姿が目に浮かんだ。
こども手当を当てにしている主婦の大方が、
「日本では破格の予算だが、OECDの1/3でまだ足りない。
我々は少子化の中で大事な子供を育てている。
だから、社会が、日本が面倒を見るのは当たり前である。むしろ遅すぎたぐらいだ」
とのたまっているのである。

バラマキには当然という意識はあれども感謝するなどという気持ちはない。
日本人でさえこれだから、ただ出稼ぎに来るだけの外国人なら言わなくてもわかるだろう。

携帯電話の契約を新たにする時に、何をポイントに決めるだろうか?
自分も含めて、今はまず料金の安さを考えるだろう。
今各携帯電話会社が学割サービスで競っている。
「こちらは三年間基本料金無料にします、あちらは○年です。」
その他キャッシュバックやらなにやら、お客様にとってのお得なサービスで競っている。
民主党へ投票した人の殆どの理由が自分たちにとってお得なサービスが入っていたからだ。
日本の行く末、経済状況(不況)なんてどこ吹く風なんだから、
増してやこの党がどれほど反日か日の丸を与党になるまで掲揚していないとかなんて
どうでもいいことなんである。ただ、目先のサービスに目を奪われただけなのだ。


今までだって福祉サービス制度はあったが、所得制限始めいろんな制限があった。
本当に子育てに必要なお金が足りない家庭に支給をするのはそれこそ当然のことであって、
これで文句を言う人達がいてはならないとは思っている。
だから、所得制限は絶対に必要だと思うのだが。

民主党がなぜ所得制限なしにこだわったか。

支給を受ける人達が、(今までの)特殊な人達だと見られたくない、皆にばら撒いてもらえれば堂々と「あの人は所得が○○以下だと思われなくて済む」
という安心感からだからではないのか。
余裕がある家庭なら、余分な収入はいくらあってもいいのだから、大歓迎じゃないだろうか。
この点で、民主党は成功したのである。
選挙運動の時では、「財源がない、無理だ」の声があった。自民党も同じように「何とか手当」むろん反対議員の方が多かったが、で対抗しようとしたが、どれほど議論しても最後は「財源がない」に行き着き、諦めたそうです。当たり前だと思う。

この不況で大学生の就職率が過去最低になっている。高校もそうである。
なのに、新しい基礎支持票(子育て中の主婦層、その祖父母家庭)を得るには餌を与え続けなくてはならない。支給されるには民主党に投票し続けるわけだから。

財源を得る為に派手な事業訳をした、公共事業を減らした、学校の耐震工事予算も減らした。
更に事業仕分けするそうである。そして国の借金もこれからどんどん増えて行くであろう。

すべてが、所得制限なしの、
困った人以上にお金があり余る、
または余裕が出来た人たちの子育て以外の目的で使われるお金の為に。
外国で暮らしている子供達の、
いやそれでひと儲けをたくらんでいるブローカーの為に。


ばら撒きの恩恵を受けない人たちも、これからの選挙では、
別のサービスを提示してくれる政治家だけに投票をするようになるだろう。
「誰々さんがもらっているのに自分ももらわなければ損だ。」
自分には恩恵がなくても、「お互いさま」と思える税金の使い方をしないのでは、
誰しもこのような気持ちになっていくことだろう。

どの党も携帯電話会社よろしくサービス合戦をしていたら(スーパーマーケットもそう)
共倒れしてしまう。
国力が弱まる→海外に逃げられる立場の人は日本を脱出することだろう。

今「坂の上の雲」5を読んでいるところだが、
今はロシアで社会主義者による革命が起きる場面のところ。
皇帝政府の腐敗や無能に労働者や知識人が立ち上がるのであるが、
(革命成功の後恐怖の共産主義国になると言うのが何とも皮肉)。
今、日本人は、史上最低の無能政府に対して一部の人達を除いては立ち上がらない。
立ち上がらないどころか、共産主義を目指している民主党の支持率がまだ30%あり、
不支持の理由が小沢と鳩山の問題だけなら、実際に基礎票である主婦の支持は
こども手当を選挙の前に支給で得たので、
参議院選挙でも民主党は勝つのではないだろうか。

趣味や食べ歩きにのみ没頭して、選挙の時だけテレビから情報を得る人が大半なのだから、
この予想は外れて欲しいが当たるだろう。
買収だけの政策で国の重要な問題を扱わねばならない国会議員を決める、
これが今の日本の民度、国民の民度だからいずれは滅亡することだろう。

実際子育ては大変で支援されるとありがたい人も少なくないのだから、
せめて所得制限、国籍条項はつけて欲しいと願っているのだが。

何が何でも参議院選挙で過半数を獲得し、独裁政権をつくり、
いずれ中国や朝鮮に日本を売り渡したい
民主党+共産党+社民党では無理であろう。


それでも、賢明な人達が一人でも気づいてくれて、
日本の滅亡を防いでくれることを願うのみである。

(2012年の12月21日頃に地球が危ないなんて話があります。
もう、ここまで国がおかしくなっていると終わってしまってもいいかなんて
思ったりもします。)
当たるかも。

覚悟はいいですか?
[PR]

by kkagayaki | 2010-03-13 13:56 | 政治に関する独り言