<   2010年 07月 ( 48 )   > この月の画像一覧


2010年 07月 31日

雨上がる  (*^_^*)


7月31日午後2時頃?
a0078986_15524188.jpg




一時の土砂降りでした。
少しはお湿りいただいたでしょうか?

週末、土曜日、夏祭り中止にならなくてよかったですね。

大の苦手な雷の音も聞こえないので、
買い物に行って来ましょうか。
[PR]

by kkagayaki | 2010-07-31 15:53 | その他
2010年 07月 30日

またこんな日が来るのか、暑い日の散歩

涼しさは午前中でお終い!

明日からではなく、午後から暑さ復活!天気予報では明日から35度って
言っていたのに。ああ~~~~~~~(>_<)




a0078986_11485199.jpg

[PR]

by kkagayaki | 2010-07-30 11:49 | 風景
2010年 07月 30日

日本が崩壊する前に

昨日は、太陽のエネルギーが衰え、風も吹いていましたが、
何とも蒸し暑い一日ではありました。

今日は蒸し暑さは残るものの、昨日よりは過ごしやすいです。
猛暑が続き、去年は、一昨年はと過去ログを見てみました。
暑いことは暑いのですが
結構出かけていたので、まだ耐えられる暑さだったのでしょう。

昨年の選挙前あたりから政治(特に東アジア問題)の記事が多くなってきています。
その前は純粋に画像だけでした。普通に政局や国内の経済政策などの問題であれば、
政治専門のブログで十分ですし、何もここで取り上げなくてもいいわけですが、
国内は不法滞在外国人や合法的であっても怪しげな外国人が増えてくる、

外からは相も変わらず日本を攻め続ける東アジア(ロシア、オーストラリアも含まれてきました。)の現在の状況から、日本はいずれなくなるとの危機を感じていたところ、朝鮮人帰化人が半分以上、現在では、殆どがそうじゃないかと疑うぐらいのあちらよりの政党が誕生、とうとう与党になってしまい、自民党の時もそうでしたが、民主党政権になって、ますます日本の崩壊が速まってきています。

テレビは起きていることの10分の1も伝えていません。
うざがられても顔をそむけられてもこのブログでの政治の記事を続けるつもりです。
それは、動物を、自然を守ることと同じことですから。


a0078986_10532852.jpg

[PR]

by kkagayaki | 2010-07-30 10:54 | 政治に関する独り言
2010年 07月 29日

日本国憲法 前文

日本国憲法 前 文
日本国憲法
日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。


平和を愛する諸国民(近隣諸国に限っても)
中共→
ミサイルの照準は日本、チベット、ウィグルを侵略し、自治国にし、尚も食指を
アフリカなど途上国に及ばず、全世界に伸ばしている。
侵略は、軍隊を持ってではなく、人口侵略も当てはまる。

北朝鮮→
既に知ってのとおりのこと。
韓国→
日韓併合で日本がそれが国民全体が望んだことではなくても、メリットの方がはるかに大きく、日本と言う国がなければ現在の韓国はあり得なかったのだ。言い過ぎでも何でもない。
感謝しろと言った覚えもないが、近隣諸国切っての反日国家である。
竹島を実効支配している。
日韓併合100年に向けて、植民地謝罪を、再精算を!などと言っているが、
日韓基本条約で終わっている。

ロシア→
今月上旬に北方領土の択捉島で軍事演習を実施
日本が第二次大戦の降伏文書に調印した9月2日を事実上の対日戦勝記念日
「大戦終結の日」に制定

1945年8月9日に旧ソ連(ロシア)が日ソ中立条約を突然破棄し満州及び千島、樺太侵攻を行った事から始まった戦闘がまだ続いていました。
(注)日ソ中立条約(1941年4月)

 同条約の有効期限は5年間(1946年4月まで有効)。なお、期間満了の1年前に破棄を通告しなければ5年間自動的に延長されることを規定しており、ソ連は、1945年4月に同条約を延長しない旨通告。
表では停戦、講和に向けて日本側の藁にもすがる気持ちを逆手に取り窓口になると嘯いておいて日本側への回答を引き延ばし裏では対日参戦の準備を行い(対日侵攻を8月20日~25日と策定)アメリカの原爆投下を見ると極東での利権喪失を危惧し予定を繰り上げ8月8日(9日?)に日ソ中立条約を破棄し対日宣戦布告、満州、千島、樺太、北方四島に突如侵攻

------------------------------------------------------------------------------------------------
戦勝国が敗戦国に対し、「二度と白人国家に刃向かうことがないように」つまり、身動きできないように短期間で作り上げたのが現在の日本国憲法。前文を読んだだけでも、
それがわかろうというもの。
平和を愛する諸国民?
アメリカはその後も戦争、戦争なのだが・・・・。
そのアメリカに頼らざるを得ない、現在の国防と言うものを考えなくてはいけない。
平和だ、平和だとと唱えれば平和が訪れる?
近隣諸国を見たら、社民党や共産党が唱える、アメリカ軍撤退、自衛隊もいらない、なんて
無防備になったら、どうなるか子供でもわかるでしょうに。


この憲法下で育てられた戦後生まれが多い、政権与党民主党、国防能力がない、
いや、おかしいのです。

続く

[PR]

by kkagayaki | 2010-07-29 11:37 | テレビなどが伝えない出来事
2010年 07月 27日

夏 龍馬



a0078986_10501870.jpg

[PR]

by kkagayaki | 2010-07-27 10:50 | 街 町 
2010年 07月 26日

NHK「JAPANデビュー」を見て

こうしたドキュメント番組を見て、検証できる人は
歴史に精通した専門家や詳しい人に限られます。基礎に豊富な歴史知識が
なければ何がねつ造で何が正しいかはわかるはずもありません。

知識がない人は垂れ流された内容を何の疑問も感じずに受け取るしかないのです。
民主党と同じでこれもある意味、詐欺になります。
詳細は以下のブロガーに任せるとして、私が感じたことを大まかに述べます。

冒頭から、明らかに外国人参政権付与を正当化する方向に持っていってます。
しかも当時の在日から、現代の朝鮮学校無料化や外国人参政権の問題に絡めてきたこと
で、この番組の主張したいことがわかりました。
すべて、在日目線でした。↓
勝手に日本に住み着いてた朝鮮人が日本敗戦に喜んで(奪った土地建物で)
朝鮮語の私塾を作った
日本政府は朝鮮人の日本国籍を認めない
文部省は朝鮮学校を認めない
日本政府は参政権を日本国民にのみ与え、民主的な投票を行った


だから日本が悪いのですか?日本は負けたのであって、
戦前は日本人であった朝鮮人は解放されたと喜んでいるのですから
日本国籍がなくなって嬉しいのでは?
日本人ではないのですから参政権もなくなるのは当然でしょう。

多くの在日が済州島から逃げて、または朝鮮戦争から逃げて密入国したことと
戦後混乱期に朝鮮進駐軍と称して暴れまくった事実をスルーしましたね。

もし、NHKが日本人の視聴者に向けて放送したのであるなら、
在日朝鮮人の負の部分も放送するべきですが、
日本人は対象となっていないのでしょう。
NHKはもはや日本の放送局ではないことをさらに確信しました。

詳しい内容は以下から
NHKスペシャルの止まらない在日韓国・朝鮮人擁護の在日史観、反日史観のみの反日放送

(略)画像と説明参照↑
詳しい内容は上記に譲るとして、どうも日本共産党が深く関わり、
尚かつ天皇制廃止など訴える日本の、日本人にとり大切な天皇陛下に関わる
危険な思想のもと動いていたようで。
またその手段はデモと言うよりは暴動と言った方が正しいと思えるぐらい
ムチャクチャしています。
つまりGHQや武装警察が出てきて鎮圧するにはちゃんと理由があったし、
不幸にして犠牲者が出てしまったが、それは仕方がない、
自業自得としか言いようがない。
在日が好き勝手やった歴史、
朝鮮進駐軍などの横暴はここまで一切スルーというまさに在日史観で続きます。
以下略。ブログをご覧ください。


-----------------------------------------------------------------------------------------------
本当の歴史と外交
からはNHKへの抗議文を掲載させていただきます。

拝啓

7月25日(日) 【NHKスペシャル プロジェクトJAPANシリーズ「日本と朝鮮半島」
第4回 解放と分断 在日コリアンの戦後】を拝見しました。

在日朝鮮人の密航(不法入国)や戦後「朝鮮進駐軍」と称して
殺人や強姦や略奪をしまくった真実を隠ぺいし、
あたかも在日朝鮮人が被害者であるよう偏向番組に憤りを感じました。

「在日コリアンの戦後」をテーマにしている以上は、
彼らの大半が日本に密航(不法入国)して来て、
戦後日本政府が彼らを朝鮮半島に帰そうとしても帰らなかった事実を放送しないのは
重大な手落ちです。

更に、朝鮮半島に帰そうとしても帰らない在日朝鮮人どもが
「朝鮮進駐軍」と称して日本人に対して婦女暴行、略奪、警察署の襲撃、
土地・建物の不法占拠など悪逆非道の限りを尽くしたことは
在日朝鮮人の戦後を語る上で必要不可欠な事実です。

在日朝鮮人の大半が密航(不法入国)して日本に来たこと、
戦後在日朝鮮人が悪逆非道の限りを尽くしたこと、これらを隠ぺいしたことについて
NHKは放送で謝罪するべきです。

放送した内容についても、おかしな部分がありましたので指摘します。

まず、番組では何故か最初に「カイロ宣言」について言及しました。
ナレーションで、「朝鮮の人々が置かれている奴隷状態に留意し、
朝鮮が自由で独立した国になるよう~」と述べたのです。

しかし、この戦中に敵国首脳によって作成されたカイロ宣言にある
「朝鮮の人々が置かれている奴隷状態」は、事実に反しますし、
今回の番組の趣旨に全く関係のないことでした。
帝国議会の議員となった朝鮮人も居ましたし、
陸軍中将となった朝鮮人も居たのですから、
朝鮮人が奴隷だったわけがありません。

実際にその直後、ナレーションで、在日朝鮮人が日本から出る際には
財産の持ち出し制限があったために、在日朝鮮人は朝鮮半島に帰らなかったと
言っていました。
日本によって朝鮮人が奴隷状態にされていたなら、
朝鮮人がわざわざその日本に密航して来るわけがないですし、
ましてや財産の持ち出しを制限されるほど財産を築けるわけがありません。
番組冒頭の「カイロ宣言」から、在日朝鮮人が朝鮮半島に帰らない理由の説明までは、
全く意味不明な番組進行となっていました。

カイロ宣言にあった「朝鮮の人々が置かれている奴隷状態」というのは、
事実に反する上に番組の趣旨とも関係ないのにわざわざ最初に取り上げることの
意味は何だったんですか?
日本を悪者にするという悪質な印象操作以外の何ものでもないと感じました。

次に、ナレーションで、「敗戦をむかえた日本。植民地時代に海を渡って来た
200万人を超える朝鮮人が居ました。彼らの多くは、祖国独立の希望
を胸に、下関や九州各地の港に押し寄せました。」と言ったことについてです。
祖国独立を希望していた朝鮮人たちは、
どうして下関や九州各地の港に押し寄せたのでしょうか?
ナレーションで言っていることが支離滅裂で意味不明です。

次に、ナレーションで、「帰国の時を待ちながら暮らし始めた人々、
彼らは日本に留まらざるをない様々な事情を抱えていました。
当時帰国に当たっては財産の持ち出し制限がありました。
それはそれまで日本で築いた生活の基盤を失うことでした。
さらに帰国しても植民地時代に頼るべき親族が離散していたりして、
戻ることを余儀なくされました。」と言ったことについてです。

日本に来た朝鮮人の大半は、
日本の渡航制限に違反して密航(不法入国)して来ていました。
これは、当時多くの密航鮮人が逮捕されて強制送還されていた記録や、
吉田茂がマッカーサーに宛てた「在日朝鮮人に対する措置」文書(1949年)
などから明らかです。

ですから、密航鮮人どものことを「帰国の時を待ちながら暮らし始めた人々」
などと表現するのはおかしいです。

朝鮮に帰国したければ最初から日本に密航(不法入国)などしません。
それと、前述のとおり、日本で国会議員になった朝鮮人や日本軍で将校となった
朝鮮人が多数居た上に、このナレーションにおいて朝鮮人が日本で財産を築いていた
と述べているのですから、番組冒頭で「朝鮮の人々が置かれている奴隷状態」
などという事実無根のナレーションを挿入したのは、悪質な印象操作です。

これについても、NHKは放送で訂正と謝罪を行うべきです。
それと、「帰国しても植民地時代に頼るべき親族が離散していたりして、
戻ることを余儀なくされました。」と言いますが、
朝鮮に帰えって頼るべき親族が居なくて生活できないなら、
日本に戻っても同じように生活できないはずです。
もしも日本に頼るべき親族が居たなら、
その親族らと一緒に朝鮮に帰れば良いのです。

ですから、在日朝鮮人が朝鮮に帰国しても頼るべき親族が離散していたことは、
日本にまた戻ることを余儀なくされた理由になりません。

次に、ナレーションで、「朝連は(日本で)自分たちの言葉を取り戻し、
植民地時代の皇民化教育を拭い去ることが真の解放に繋がると考えました。
教室を整備し、全国に500を超える学校を作って行きます。」と
言ったことについてです。
日本で朝鮮語教育をすることよりも、朝鮮に帰ることこそが真の解放のはずです。
そういう当たり前のことについて番組で全く言及しないのはおかしいです。
ナレーションで、「朝鮮に帰ることが真の解放であるはずなのに、~」
と一言付け加えるべきでした。

次に、当時教科書を編纂した朝連東京本部文教部長の李殷直が、
「戦前、あまりにも日本の学校でいじめられたもんだから、
戦争中から学校に行かなくなってた。」と言ったことについてです。

戦前にいじめられたなら、なぜ朝鮮に帰らなかったのでしょうか?
密航(不法入国)して来て居座っていたくせに、
戦前にいじめられても戦後になっても帰らず文句を言うのはおかしいです。

続いて李殷直は、「戦後になると、朝連の土地が出来ると、
そこに朝鮮人の子供たちが集まって遊ぶ。
そこで子供たちのために学校を建てるのが朝連の仕事だった。」とも
言っていましたが、日本国内で勝手に学校を建てる不法行為について、
NHKが何の非難もしないのはおかしいです。

その後、文教部長だった李殷直は再度登場し、
「マッカーサーは不思議だ。日本の学校に行けばいいじゃないかという。
いくら説明しても分からない。」などと言っていましたが、
それほど日本で日本語教育を受けるのが嫌なら、朝鮮に帰れば良いだけですので、
不思議なのはマッカーサーではなく、
日本に居座り違法な朝鮮語教育をしていた朝鮮人どもの方です。

次に、ナレーションが、「通達に従わない学校に対しては閉鎖の強制執行。
朝鮮学校の子供たちがマッカーサー宛てに出した学校存続を求める嘆願書です。
在日コリアンの強い抵抗は、植民地統治の実態について十分な知識のないGHQに
とって予想を遥かに上回るものでした。」と言ったことについてです。
「植民地統治の実態について十分な知識のないGHQ」というのはNHKによる
勝手な決め付けです。
この「植民地統治の実態について十分な知識のないGHQ」というナレーションには
何の根拠もないはずであり、NHKの偏見をナレーションに盛り込むのは不適切です。
そもそも、在日朝鮮人が違法学校の存続を強く求めたことと、
植民地統治の実態とは、何の関係もありません。
NHKは、放送で訂正と謝罪をして下さい。

次に、1948年4月24日に神戸で起こった「
阪神教育事件」(阪神教育闘争)で知事室に入って家具や壁などの
破壊活動に参加していた梁相鎮(ヤンサンジン)が、
「朝鮮語教育をやめ言うのは、またまた日本語教育され、植民地にされる」と
言ったことについてです。

どうして戦後の日本において朝鮮語教育をやめろと言うと、
朝鮮がまた植民地にされると考えるのか、全く意味不明です。
それほど朝鮮語教育がしたければ、朝鮮に帰れば良いだけのことです。

最後に、ナレーションで、「東大阪朝鮮初級学校です。
閉鎖後も夜間学級などで民族教育の火をつなぎ、1952年に再建、各種学校として、
現在に至っています。この日、全校生徒を集め、劇が上演されました。
植民地の時代につづく戦後占領期の7年間、
今に至る在日コリアンの法的地位が決りました。民族の記憶を受けつぎ、
日本という社会で生きて行こうとする思いは親から子へ、
子から孫へと受け継がれています。」と言った部分についてです。

公共放送のNHKが、朝鮮に帰れば良いのに日本に居座り、
勝手に学校を建てて違法な朝鮮語教育を行っていた在日朝鮮人どもの行為を
褒め称えるようなナレーションを放送したことは不適切です。
NHKは、謝罪と訂正の放送をして下さい。

〒1●●-0●●● 東京都●●区●●7-●-●
 ●●●●

----------------------------------------------------------------------------------------------
いかに矛盾した偏向、プロパガンダ番組であったか、
わかろうというものです。


a0078986_17532428.jpg

日本に居座り、反日活動を続ける在日朝鮮人
[PR]

by kkagayaki | 2010-07-26 17:53 | 政治に関する独り言
2010年 07月 26日

日本の夏

昨日よりは二度ほど気温が低いとのことでしたが、
この時間になると、同じです。

夏ですから(・_・;) 

何とか乗り切りましょう!

a0078986_11274745.jpg



a0078986_11282224.jpg



a0078986_10574931.jpg



a0078986_1129176.jpg



a0078986_10585349.jpg



a0078986_1131515.jpg

[PR]

by kkagayaki | 2010-07-26 11:36 | 街 町 
2010年 07月 25日

今日のプロジェクトJAPANシリーズ

NHKスペシャル プロジェクトJAPAN シリーズ
日本と朝鮮半島 第4回

在日コリアンの法的地位。その出発点は敗戦後占領期の7年にある。参政権や民族教育など在日コリアンの政策がどのように作られたのか。GHQ文書や証言をもとに追う。
“在日コリアン”の法的地位。その原点はGHQ占領期にある。敗戦後“在日”の多くが在日本朝鮮人連盟(朝連)を軸に、民族教育を求めた。しかし、GHQは冷戦の中で共産主義の運動と警戒を強め、1948年、神戸に非常事態宣言を発令し「阪神教育闘争」が起きる。一方、日本政府は「外国人登録令」をだし“在日コリアン”を外国人と見なした。GHQ文書や証言を基に“在日コリアン”をめぐる政策がつくられていく過程を追う。
出演
【キャスター】五十嵐公利



このシリーズの第1回目から捏造番組でNHKは10,000人もの市民から訴訟を起こされている。前回の日韓併合も朝鮮人サイドから作られた嘘が多く、抗議の電話が数多かった。
要注意番組。

いよいよ、外国人参政権を熱望している在日朝鮮人の戦後である。
監視の目で見て、検証し、NHKと朝鮮人職員に抗議をしなければならない。
(真実を放送するとは思えない)

朝鮮人強制連行の嘘
↑http://makizushi77.hp.infoseek.co.jp/SEIKATUHOGO.htm


「朝鮮人強制連行」という言葉が定着した理由

朝鮮人強制連行という話は、1965年に朝鮮総連活動家の朴慶植という人物
によって作られました。

「1965年」と「朝鮮総連」というのがカギです。

1959年から、朝鮮総連は帰国運動を大々的にやっていましたが、
当時の北朝鮮は、朝鮮戦争の後遺症のため経済状況が非常に悪く、
さらに、帰国者が犯罪者扱いされていることが原因で、
帰国運動は行き詰まりました。

そのため、在日が日本に居座る理由が必要になり、朴慶植という人物が
旧日本軍が善良な朝鮮人をトラックで拉致したというウソ話
「朝鮮人強制連行の記録」を本に書き、

左翼ジャーナリストや評論家が事実を確認せずに
引用したので、事実のように広まりました。

しかし、1990年代になり、実証的に強制連行を調査したところ、
これらが疑わしいことが分かった為、在日の歴史学者は
強制連行とは戦時徴用のことであると、ひそかに定義を変更し、

トラック連行説との違いを曖昧にするために強制徴用という言葉を作り上げました。

終戦直後の1945年、朝鮮人は日本に約200万人いました。

しかし、翌年の1946年には60万人にまで減っています。(大半は帰国したため)

さらに1959年の外務省の調査では、日本に留まっていた朝鮮人のうち徴用者はたったの245人でした。

つまり、現在日本にいる朝鮮人の99.99%が、自分の意思で日本に移住してきた人達です。


大半が自由意志で居住
「戦時徴用は245人」

a0078986_18394872.jpg


■1959年7月13日 外務省と在日朝鮮人で発表

■記事内容と補足


・終戦直後(1945年)、日本には200万人の朝鮮人がいた。
・その内、140万人は終戦と同時(1946年まで)に朝鮮半島に帰国した。
・更に北朝鮮帰還事業などで10万人が朝鮮に帰った。
・つまり200万人のうち、150万人が帰国した。
・国民徴用令は1939年7月から施行された(日本人と台湾人)のみ。
・しかし朝鮮人には1944年9月まで適用されなかった(つまり優遇されていた)。
・1945年3月には日韓フェリーが停止されたので、徴用が可能だった時期は7ヶ月間。
・1959年の調査では在日における「徴用者」の人数は…わずか245人だった。
・現在、日本に残留している在日朝鮮人は「自由意志」による残留である(犯罪者を除く)。

■まとめ
「徴用」や「徴兵」で日本に来た人はもともと僅かです。
「徴用」や「徴兵」によって「朝鮮の家族や友人や恋人から引き離された人」が、
どうして日本に残るのですか? 家族に会いたくないのでしょうか?

在日朝鮮人200万人の内、140万人が終戦と同時(※1946年まで)に帰国しています。

僅かな徴用者、徴兵者は、その時、帰国していると考えるのが普通です。
つまり日本に残った人は「家族で日本に移住して来た人」です。
つまり「自由意志」で日本に来て、「自由意志」で日本に残ったのです。


それでも在日朝鮮人たちは
「強制連行された!戦後は帰りたくても帰れなかった!
嫌々ながら日本に住んでいるんだ!」と叫んでいるのです。

強制連行とは在日が日本に居座るための重要なカードです。
そのため在日は、次の世代に強制連行という物語を懸命に教えてきたのです



a0078986_18422217.jpg

昔も今も密入国
[PR]

by kkagayaki | 2010-07-25 18:44 | テレビなどが伝えない出来事
2010年 07月 24日

歴史の真実を語ろう

岡田外相がまた韓国にお詫びするそうです。
明日新宿の東口アルタ前で民団、反日市民団体などの
「日韓併合100年」謝罪と賠償を求める集会とデモが行われる予定です。
そして9時からNHKの「ジャパン・デビュー」という番組で「在日コリアンの戦後」が放送されます。
正に朝鮮人民団党の政府とマスコミの共同制作で捏造の日韓併合の歴史とこれまた捏造の在日の歴史を日本人に植え付ける為の工作が行われます。多くの日本人が日韓の歴史に興味がなかろうと、真実を知って貰わないと未来永劫日本は謝罪し続けることななります。
そして既にけりがついている国と国との約束の賠償金を払わされ続け、日本人は悪だ、加害者だと貶られつづけるのです。やはり正しい歴史を知らせて行かなければと思うのです。
続く
[PR]

by kkagayaki | 2010-07-24 23:41 | その他
2010年 07月 24日

月まで焦がして・・・・・。

ウォーキング少しして来たのですが、まだまだ暑いです。
汗だらだらです。

いつまで、猛暑続くんでしょうか(・_・;)



a0078986_20334151.jpg





a0078986_20325338.jpg

[PR]

by kkagayaki | 2010-07-24 20:34 | 自然の風景