<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2010年 11月 09日

【活動】13日の各団体の活動予定(頑張れ日本以外)

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52592483.html
より転載しました。

 【活動】13日の各団体の活動予定

 横浜・東京・仙台における反民主党デモ・街宣
  


『在日特権を許さない市民の会』

暴走国家シナ中共をAPECから追放せよ!デモ行進

東アジア騒乱の元凶シナ中共を撲滅しよう!
虐殺者胡錦濤を東シナ海へ叩き込め!

第18回APEC首脳会議が横浜で行われます。自国民には暴虐の限りを尽し、周辺国には害悪を撒き散らし、先の尖閣問題においては我が国に野蛮な本性をあらわにしたシナ中共もその首脳会談にやって来ます。在特会は会場となるパシフィコ横浜の見えるポートサイド公園からシナの国家主席胡錦濤に対して怒りの声をあげます。

 「シナ中共はAPECに参加する資格無し! さっさと帰れ! 」 「帰国ついでに売国政権閣僚と横浜で騒いでいる反日左翼を心の故郷に連れて帰れ! 」 日本国民怒りのシュプレヒコールをぶつけましょう。なお、同日APEC粉砕を叫ぶ反日極左に対しても抗議の声もあげます。世界各国から取材陣が集まる横浜で、シナ中共の横暴に抗議する行動する保守運動に一人でも多くの皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

【日時】
平成22年11月13日(土)
13:30集合 14:00デモ行進出発

【場所】
ポートサイド公園(最寄 横浜駅)
アクセス方法

【生中継】
13:00からニコニコ生放送にて中継予定
http://live.nicovideo.jp/gate/lv31500253

【告知動画】
在特会APEC抗議デモ告知 胡錦濤よ日本国民の怒りの声を聴け!
<ニコニコ動画版>
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12667578
<youtube版>
http://www.youtube.com/watch?v=g3ENYJaEsXY

【主催】
在日特権を許さない市民の会 神奈川支部

【共催】
在特会 東京支部/埼玉支部/千葉支部/群馬支部/茨城支部

【現場責任者】
桜井誠 (在特会 会長)

神奈川支部問い合わせメールアドレス
zaitokukanagawa@gmail.com


 長野暴乱を我々に日本人は忘れていないぞ!

 『主権回復を目指す会』

APEC東京デモ行進


<胡錦涛に厳命する!尖閣諸島の侵略を止めろ>

海保のビデオ流出・公開を断固支持する


日時:平成22年11月13日(土)集会開始14:30 デモ出発15:00

場所:場所:神宮通公園(渋谷駅から)東京都渋谷区神宮前6-22
http://maps.nifty.com/cs/catalog/
map_spot/catalog_070927814327_1.htm#mapTitle


シナ侵略主義の体現者である胡錦涛国家主席がAPECで来日が決定した。チベット侵略・チベット人殺戮の功労でもって国家主席に上り詰めた胡錦涛の罪は歴史に銘記されて消えることはない。

いままた、我が国尖閣諸島へ侵略の手を伸ばし、その犯罪行為を謝罪するどころか正当化して憚らない。我々はこれ以上、シナ人からの侮蔑には耐えられない。

胡錦涛の罪状を糾弾し、大和魂でシナ侵略主義を粉砕しよう


主催:主権回復を目指す会 雨天決行 プラカードの持参歓迎

連絡:西村(090-2756-8794)
 


『在日特権を許さない市民の会』宮城県支部

嘘つき売国議員岡崎トミ子、民主党糾弾街宣

 岡崎トミ子と民主党政権よ、もう日本国民は我慢できない!

 国民のためを思うなら即刻退陣せよ!


わが宮城県選出の国家公安委員長・岡崎トミ子は国民の税金で反日デモに参加し、さらに慰安婦問題では存在しないはずの朝鮮人従軍慰安婦に賠償を支払おうとしています。

さらに、民主党政権は尖閣問題での対応に大失態を犯し公約違反の数々、未曾有の大増税と国民の出血ばかりを強いています。一方で朝鮮学校の無償化を決定するなどもはや日本の政府として機能しているとは思えません。我々は、売国議員岡崎トミ子と無能無策な民主党政権に断固ノーを突きつけるべく、ビラ配り・街宣を行います!

【日時】
平成22年11月13日(土)14:00~15:00

【場所】
一番町アーケード旧佐々重前

【現場責任者】
石黒瑠璃(宮城支部長)

【主催】
在日特権を許さない市民の会 宮城支部

【問い合わせ】
在特会宮城支部メールアドレス
zaitokumiyagi@gmail.com
 
[PR]

by kkagayaki | 2010-11-09 12:18 | テレビなどが伝えない出来事
2010年 11月 05日

尖閣沖中国漁船衝突映像流出

a0078986_12211414.jpg
a0078986_1221578.jpg


こちら
にアクセスしてみてください。

尖閣沖中国漁船衝突映像流出 
海上保安庁、幹部が集まり対応を協議

フジテレビ系(FNN)
11月5日(金)6時37分配信

沖縄県の尖閣諸島沖での中国漁船と海上保安庁巡視船の衝突映像の流出を受け、海上保安庁では、5日未明から、幹部が慌ただしく集まり始め、対応を協議している。
5日午前3時すぎ、海上保安庁の広報室長は、「映像が流れているということで、情報が入りましたので、現在、その事実関係を調査しているところです。部分的にわたしが見たものと、同じ部分もあります」と語った。
流出した映像は、合計およそ44分で、6本に分けて動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」に投稿された。
この映像について、海上保安庁幹部は「本物と考えて間違いない」と話している。
映像の冒頭には、撮影した海上保安庁の職員とみられる氏名も記載されている。
11月1日、衆参両院の予算委員会理事に限定公開された映像は、6分50秒に編集されたもので、今回の映像には、それ以外のものも含まれているという。
最終更新:11月5日(金)6時37分

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20101105-00000373-fnn-soci


衝突映像は海保撮影と海保長官認める 
首相、究明を指示


沖縄・尖閣諸島近海で9月、海上保安庁の巡視船に中国漁船が衝突した事件で、巡視船から撮影されたビデオ映像が4日夜、インターネットの動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿された。漁船が2回、巡視船に衝突した様子などが映っており、鈴木久泰・海保長官は映像は海保が撮影したものと認めた。捜査当局から漏れた可能性が高く、菅直人首相は5日午前の閣議後の閣僚懇談会で、「しっかり調査を」と原因究明を指示した。
http://www.asahi.com/politics/update/1105/TKY201011050164.html

衝突ビデオ、中国メディア報道せず 
動画サイトは規制中

2010年11月5日11時1分

【北京=林望】尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件のビデオ映像が流出したことを、中国の主要メディアは5日朝の段階で伝えていない。中国政府もコメントは出しておらず、当面は事態の推移を見守る構えとみられる。

 中国の主要テレビ、新聞は日本での報道ぶりを含めて一切、報じていない。ただ、4日深夜の段階で映像の流出を知ったという中国メディアの関係者もおり、当局から報道を規制するよう指示が出ている可能性もある。

 ネットでは、中国共産党機関紙「人民日報」傘下の「人民網」が香港メディアの映像を引用する形で短く報道。映像を紹介した香港の衛星テレビ局「鳳凰電視台」のサイトには、「漁民は身をていして国に報いた」など、船長を英雄視する書き込みが増えている。

 中国では画像が流出した動画サイト「ユーチューブ」自体が規制の対象になっているため、今のところネット世論が沸騰する状態にはなっていない。ただ、香港メディアなどを通して情報が広がるのは時間の問題で、強い反応も予想される。
http://www.asahi.com/national/update/1105/TKY201011050177.html
---------------------------------------------------------------------------------------------
民主党のお偉方が偉そうに御託を並べているが、そもそも、「国民の知る権利」を
無視したのが問題。
最初から編集せずに公開していれば、こんな問題も起きない。
今すぐ全部のビデオを公開するべきだ!

[PR]

by kkagayaki | 2010-11-05 12:24 | ニュース速報
2010年 11月 05日

11.6(土)「頑張れ!日本」反シナ抗議集会・デモ

花うさぎの世界は腹黒い
より転載


「アジアに自由と平和」訴え支那包囲

  「守りから攻め」に転じた国民行動へ



来たる11月6日、日比谷の野外音楽堂で開催される頑張れ日本!全国行動委員会のビック・イベント。そのネーミングは、11.6アジアに自由と平和を! 尖閣諸島侵略糾弾!中国(胡錦濤)のアジア軍事覇権糾弾!拉致被害者奪還! 「ノーベル平和賞」劉暁波氏の釈放を! 「自由と人権 アジア連帯集会」 & デモ、というこれまでにない長いタイトルとなった。


尖閣事件で政府が船長の処分保留のまま釈放してから、同会による東京の大規模デモは10.2、10.16についで三回目となる。過去二回が支那の尖閣侵略への抗議、弱腰菅政権への糾弾だったのに対し、今回はいきなりトップに「アジアに自由と平和を」が来て、国民行動の性格が大きく様変わりしたことが伺われて興味深い。

これはチャンネル桜の番組の中で永山英樹氏も指摘していたが、国内メディアが見事に無視して報道しなかった10.2デモを、海外メディアは積極的に取り上げた。その際にノーベル平和賞を受賞した劉暁波 (りゅう ぎょうは)氏に対する祝意とその釈放を求めるプラカードにメディアが注目、単なる自国利益のための抗議活動ではないとして好意的に取り上げたことが影響しているものと思われる。

今回は云ってみれば支那の侵略を現実に受けている南モンゴル(内モンゴル自治区)、東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)、チベット(チベット自治区)だけでなく、世界の声ともなっている劉暁波氏の釈放、拉致被害者の奪還と、一挙に範囲を「アジア全体」に拡げたことで、これまでの守りの行動から支那を包囲する攻めの行動に転換したといえる。


ここまで来れば、法輪巧のメンバーにも声をかけ、支那の民主化を要求するところまで範囲を拡げても良かったと思う。また、日本政府の対応は見事に世界の恥さらしとなってしまったが、一方で世界中が支那の横暴さに警戒をあらわにしたという二次効果を生んだ。また南沙諸島、西沙諸島の領有権を争っている東南アジアの各国にとっては人ごとでは無かった筈だ。



a0078986_0465647.jpg


つまり、直接、間接に世界中の国々が支那中共の横暴に眉をひそめ、警戒感をあらわにしているタイミングだ。この思いを組んで、そうした国々との連携を前面に出すことは、支那が一番嫌がることであり、また海外メディアがニュースとしてもっとも取り上げやすいテーマでもあって、非常に良い判断だと筆者も考える。


[PR]

by kkagayaki | 2010-11-05 00:52 | テレビなどが伝えない出来事
2010年 11月 02日

ミスターX氏が語るビデオの真実

花うさぎさんの「花うさぎの世界は腹黒い」
より転載

あれは中国船が海保隊員を殺そう

  としている、そういうやつなんです


昨日、一部議員に限って公開されたビデオ。テレビ各社はこのビデオを見た議員の証言を元にイラストで表現してましたが、皆さんはどのようにご覧になったでしょうか。「ビデオには相手からぶつけてきた様子が鮮明に写っている」と言ってますが、その程度の映像で「日本国民が激高する」とはとても思えません。ここに写されていない核心部分が明らかに隠されている、と見るのは常識でしょう。


と思っていたところに、昨夜、コメント欄でmatacyann さんが教えてくれた動画をみたら、これが「腑に落ちる」のですよ。何人かの保守系議員が語っていた内容とも一致しますし、「大外れ」覚悟で少しテキスト起こししてみると、ミスターX氏の発言以下のような内容です。まあ、詳しくは動画を見て頂くとして。


「海上保安庁のビデオの中味は、向こうの船が衝突するような形で動いている、それまではマスコミに出してますね。あれは既に海上保安庁の隊員二名が向こうの船に飛び乗りまして、格闘のシーンが写っています。乱闘の末、海の中に放り投げられました。」

「それで、あれは衝突しようとしたのではなくて、海の中の隊員を殺そうとして何度も人に向かってぶつかっている絵です。それを編集するという方針です。だからそれを見ている人は結構いるんです。僕も見ましたけど、それを実際に国の方は公開しないでしょう、編集するでしょうし、でも事実を云わないといけませんね。ですから、あれは中国船の方が一生懸命、あそこで人を殺そうとしている、そういうやつなんです。」



どうでしょう。こちらの説明の方がなんとなく説得力がある説明だとは思いませんか。私は、公開されたビデオは事実の一端ではあるけれども、あれでは本当は何が起こっていたのか「真実」は判らない、と思います。既に世論調査でも明らかになってるように、80-90%の日本人は「ビデオの全面公開」を求めている。船長を処分保留のまま釈放したことに80%以上が否定的な反応を示しています。


菅内閣がこうした民意を無視してまで「支那中共に配慮」しているのに、日中首脳会談はドタキャンされ、それについて猛烈な抗議や対抗措置一つ打ち出せないでいる。調子に乗ってロシアにまで国後訪問を許してしまった。鳩山前首相が前言を翻して議員を続けると言ったら、80%の国民が怒っているし、小沢氏の国会招致ひとつ決められないで、おたおたする菅内閣。



支持率は急落し、もはや政権が持たないのは誰の目にも明らかです。良識ある日本の政治家なら、自ら「内閣総辞職」を選択すべきですが、日本人より特アの外国人が大事という現政権は、再び外国人参政権は最高裁の傍論重視という暴論を言い始めた。

もう、これ以上、反日内閣に日本を任せられないことは明白です。日本軍の政治家は、「ビデオの全面公開」を求めて審議拒否し、街に出て訴えるべきです。もはや議論の段階は過ぎました。倒閣あるのみです。日本軍は小異をすてて大同につき、お年寄りから子どもまで「日本を守る」ために立ち上がりましょう。

(以下略)
[PR]

by kkagayaki | 2010-11-02 12:44 | テレビなどが伝えない出来事
2010年 11月 02日

民主党に

【世論調査】内閣支持率急落36・4% 小沢氏強制起訴「納得できる」78・8%
2010.11.1 21:46

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が10月30、31両日に実施した合同世論調査で、菅直人内閣の支持率は前回調査(9月30日実施)の
48・5%から12・1ポイント急落し、
6月の政権発足後最低の36・4%となった。

不支持率は46・5%(11・7ポイント増)で支持を上回った。
沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件や「
政治とカネ」の問題での政権の対応に対する厳しい視線を反映した。

 首相の指導力を77・3%が「評価しない」と回答。
「評価しない」は「外交・安全保障政策」(71・8%)
「政治とカネの問題」(71・0%)
「景気対策」(75・2%)-となった。


衝突事件の対応を「不適切」としたのは
73・5%で前回調査より3ポイント増。
船長釈放への政治介入の有無について
87・5%が「菅政権は真実を明らかにしていない」と答えた。
衝突時のビデオについて78・4%が「早期に全面公開すべきだ」と回答。
尖閣諸島の警備について81・5%が「強化すべきだ」と答えた。
 

民主党の小沢一郎元代表の強制起訴が決まったことには
78・8%が「納得できる」。
小沢氏が離党や議員辞職を否定したことに66・1%が「不適切」とした。
「証人喚問をすべきだ」は55・8%で「政治倫理審査会での弁明」(10・0%)
「司法の決着に任せる」(26・3%)を上回った。
 

仙谷由人官房長官について54・3%が「政権を取り仕切っている」、
64・7%が「国会答弁は適切でないものが多い」と回答した。

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101101/stt1011012147014-n1.htm
--------------------------------------------------------------------------------------------
未だ50%近い人が支持していると言うのも相変わらず信じがたいことだが、
この政権与党が権力の座についてから何かいいことがあっただろうか?
子ども手当や高校無償化、高速道路無料化というまるで携帯会社のキャッシュバックが
いくらか?どこが安いかで決めるのと同じ感覚で民主党を選んだのだから、深く考えることも
ない。この人たちはどの選挙であってもどれだけ自分が得をするかでしか議員や党を選ぶ
ことができない。こんなものは民主主義ではなく、途上国の選挙だ。
今回はそれでも、「外交・安全保障」で支持しないとした人が多く、ほっとした。

尖閣諸島の侵略問題であたふたとする現政権を見て、恐ロシアさえ舐めてかかってきた。
共産主義を賛美する現政権はひたすらシナに対しては、
土下座外交、朝貢することしか頭にない。だから、日本の国益よりシナの国益第一と
衝突ビデオは国民には絶対後悔しないつもりだ。


 【尖閣ビデオ】 仙谷長官 「国民は『公開公開!』と言いつつ何を望んでる?テレビやネット公開、いろんな配慮からよくない」   

仙谷由人官房長官は1日午前の記者会見で、沖縄・尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件の ビデオ映像の全面公開について「いろんな配慮からよくないと考えている」と否定的な見解を示した。

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が10月30、31日の両日に行った合同世論調査によると、78・4%が「早期に国民に全面公開されるべき」との結果が出ていた。

 仙谷氏は記者会見で「国民が公開、公開といいながら何を望んでいるのか。テレビで(映像を)一斉に流したり、インターネットをかけめぐることをイメージして支持しているなら、私の立場からはよくないと考えている」と述べた。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101101/plc1011011221026-n1.htm
------------------------------------------------------------------------------------------------説明が意味不明。「いろんな配慮からよくない」ってどういう意味なんでしょう?

花うさぎさんの「世界は腹黒い」
の記事を読むと、これでは必死に隠すはずだ、絶対後悔しないだろうと感じるものである。

次投稿で花うさぎさんの記事を転載したいと思います。

[PR]

by kkagayaki | 2010-11-02 12:30 | テレビなどが伝えない出来事