猫多摩散歩日記

kkagayaki.exblog.jp
ブログトップ
2010年 02月 27日

フィギュアは終わったのか?

バンクーバー・オリンピック、女子フィギュア浅田真央選手、銀メダル
安藤美姫選手5位、鈴木明子選手8位入賞おめでとう!


昨日の試合終了後、街角の声やらブログの感想の殆どが「真央ちゃんは頑張ったけど、
ヨナ選手は完ぺきだった、素晴らしかった」「あの点数差では仕方がない」の声が圧倒的。
SPでの採点にも疑いを抱かない。そして、フリーの「完璧」な演技の後での男子換算にしたら、
ライサチェクもプルシェンコも上回ってしまうと言う驚異の高得点150点を叩きだした。
この方のブログ
に今までのいきさつなどが詳しく書かれています。
-----------------------------------------------
キム得点 78.50 +150,06= 228,56
男子換算=98,12 +187,57= 285,7 ←←←←
(0,8掛け)

男子金メダリスト
ライサチェク =90.30+167.37=257.67 ←←←←
男子は4回転ー3回転ー2回転
または3回転半ー3回転
など難しい連続ジャンプをいれてる。
だけど、キムヨナは、もちろんそんな構成は飛んでない

----------------------------------------------------------------------------------------
これは、後からの浅田選手がノーミスで完璧だったとしても、絶対に金を取らせてはならないとする焦りからだと思われる。そう、最初から出来レース、金はキム・ヨナ、銀は浅田、銅はこれまた大方の裏の事情を知っている人が予想した通りの結果だった。
トリプル・アクセルを三回飛んでノーミスでもあの点を超えることは出来なかったのです。
フィギュアの採点の疑惑に関しては今に始まったことではありませんが、今回はやり過ぎましたね。
はっきりとわかってしまいました。その裏事情がわからずに(テレビは知っていても自国の選手のことなのに何の批判もしない)単純に感動することは、他の選手たちにやっぱり失礼です。
大変なことだとは思いますが、アスリート、真央ちゃんは今後もジャンプ道を極めて、
演技力、表現力をもっともっとつけて、「本当の完璧」を目指して欲しいです。
それしかないと思います。
審査員がいくら買収されていても、最高点を付けざるを得ないほどに。
トリプル・アクセル三回なんて飛べる選手は浅田選手しかいないし、
それがどれほど凄いことなのか評価されてしかるべきだから。

五輪女子フィギュア 謎の韓国人審判の笑顔
2010年2月26日、デイリーニュース(スポーツ)

26日のフリープログラム。韓国のキム・ヨナの点数が発表された時、取材にあたる各国の記者から「信じられない」の声が漏れた。そして、その声の主たちは席を立ち、電話をかけ始めたり、取材ノートを勢いよくめくったり慌ただしく動き始めた。審判団の“不正”を疑ったのである。

確かにキム・ヨナの演技はSP、フリーとも素晴らしく、金メダルに相応しいものだった。
浅田真央もトリプルアクセルを3回も決めるという史上初の快挙を成し遂げたが、
細かいミスがあり、演技力や表現力といったところはキム・ヨナに劣っていたのは日本人でも認めなければいけないところ。しかし、総合で「20点」という数字ほどの差はなかっただろう。

取材にあたっていたロシア人記者はこういう。
「150点という点が出た時、思わず笑ってしまったよ。キム・ヨナが4回転ジャンプを成功させたのだと思った。今回は審判のジャッジが偏っているという批判がずっとあった。これから、どの国の記者も審判に不正がなかったか調べることになると思う」

フリープログラムの審判団は偏向ジャッジがないように、世界各地から無作為に選ばれる。今回の国籍はヨーロッパ7人、カナダ1人、そして韓国から1人の計9人だった。各々の点数は発表されないが、ヨーロッパの審判を取材したアメリカ人記者によれば、こんな話があったという。
「フリー後、キム・ヨナとカナダのロシェットの点数だけが異様に高いと、ヨーロッパの審判団の中でも首を傾げる人物もいたそうです。キム・ヨナの演技が終わった後、韓国人とカナダ人、そしてもう一人、東欧の審判が顔を見合わせてニヤリとしていたそうなんです。それはロシェットの時もそうでした。疑いたくないが、彼ら3人の動きが気になるのは事実です」
フィギュアは9人の審判が採点するが、実際に数字として反映されるのはそこから無作為に選ばれた7人の点数。本人たちは誰の点が反映されたかわからない。

しかし、件の3人のうち誰かが何らかの不正を働き、点数を「盛っていた」としたら——
もし、その3人が付けたジャッジが、採点する7人の中に反映されていたら——
あれだけの高得点も頷ける…

これはあくまで先のジャーナリストたちが取材している話にすぎないが、
何かと物議を醸す点差だったことには違いない。(谷本雅顕)
 
コメント欄より引用
-------------------------------------------------------------------------
金メダルはわかると書かれていますが、
キムヨナ→中学のテストで100点取ったらなぜか50点加点された。
浅田真央→大学のテストで98点取ったらなぜか10点減点された。
と書かれてた人を見ました。

加点減点はともかくとして
キムヨナは毎年同じ中学のテスト勉強をしている。
浅田真央は大学で毎年新しい課題のテストを受け、トップレベルを維持している。
というのは納得できる解釈だと思います。
低レベルのだけ何度でも練習してればそりゃー熟練度や完成度はあがるわなー。
素人にはパッと見で難易度はわからないし。

というわけで、一見ノーミスの美しい演技だったというだけで「キムヨナの金はわかる」と言ってしまっては
浅田真央(や他の選手)が気の毒だと思わないでもないです。
【2010/02/27 06:43】 | URL | まる #eqP7eH0Y[ 編集] | page top↑
------------------------------------------------------------------------------------------------2010.02.26 Fri 21:57

優しい方が多いんですね。私はキムが金メダルに値する演技をしたとは思いません。
数年かけてキムのライバルを苛め抜く、自らが有利になるようなルール改正を仕掛け、
審判買収で信じられないような加点の嵐、減点無しで、世界最高記録を塗り替え、
ジュニアでも十分できるような、しかもいつも同じようなプログラムをくりかえして
・ ・・
3-3で他の選手の判定を厳しくしてダウングレードさせ、
それならまだ3-2を完璧に飛んだ方が得点できると3-3を諦めさせた。
トリプルアクセルを飛べないキムが、3-3でさも突出しているように
見せる汚い手なのに、素人はころっと騙される。
解説者も本当のことを言うと干されるので言えない。
キムにふさわしいのは失格ですよ。

しかし150点はやりすぎましたね。そこまでさせたのは真央ちゃんの実力。
真央ちゃんは悪魔の正体暴きをやってのけたんですね。
-----------------------------------------------------------------------------------
a0078986_14431920.jpg
a0078986_14464181.jpg

[PR]

by kkagayaki | 2010-02-27 14:50 | テレビなどが伝えない出来事


<< 梅の神明社 福生      暖かさに誘われて 梅が咲いています。 >>